幽霊のおでこの白い布は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画や映画、芝居などに登場する幽霊たちは大抵、白い着物を着て、額に白い三角ナフキンのような物をくっつけている。


まるで、幽霊たちのオマジナイのように見えるこの三角の布は「額烏帽子(ひたいえぼし)」または「紙冠(かみかぶり)」と言い、仏教では「宝冠(ほうかん)」と呼ばれているもの。


この「額烏帽子」の風習は、平安時代に法師らが悪魔祓いの儀式を行う時につけていたもので、当初は黒い絹の三角巾をつけていたが、死者が地獄の悪魔から逃れるようにと、江戸時代の末から白い紙製のものを死者の額につけるようになった。


その後、この風習は葬式の参列者にまで広がり、一時は死霊から逃れるために、皆が三角巾をつけて参列したと言われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*