なぜ夜に爪を切ってはいけないといわれるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

爪を切ると親の死に目に会えないと、昔から迷信として語り継がれています。実はこの迷信、時代と共に変化し続けて現代まで語り継がれているのです。

爪と親の関係

奈良時代に書かれた日本の歴史書である『日本書紀』には、騒ぎを起こし地上へと追放された神「スサノオノミコト」は、手足の爪を抜かれたとされます。そして、追放されたものは家の中には入れなくなるとされたことから、爪がない(切る)=親に会えない=親の死に目に会えないとされました。

戦国時代に入ると、夜に城の警備をする「夜詰め」という役職が生まれます。いつ敵に襲われるか分からない戦国時代では、夜の警備はとても大切な仕事だったため、欠勤することは許されませんでした。そのため、夜は家に帰れないことから親の死に目に会えないと言われてきました。この「夜詰め」の語呂合わせで「夜爪」ともじり、爪=親の死に目という関係が生まれたのです。

江戸時代には、爪といえども親からの立派な授かりものとされ、照明器具が発達していない時代で、暗闇の中で爪を切る行為は親からもらった身体を粗末に扱うと解釈され、親不孝とされたのです。

このように、時代は変われど爪と親の関係は崩れることなく言い伝えられており、現代にいたるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*