リアス式海岸」は今は「リアス式海岸」ではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアスって何?

そもそもリアス式海岸の「リアス」とは、スペインのガリシア地方で見られる入り江に由来し、その地域の言葉で「入り江」を意味する「リア」、そしてその複数形で「リアス」と呼ばれます。

「リアス式海岸」は中学校の社会科の授業で必ず習う項目であり、試験問題にも高確率で採用される問題です。しかし現在は試験問題で「リアス式海岸」と答えるとバツをもらうことになります。そもそもドイツの探検家によって発見され、命名されたリアス式海岸は、英語やドイツ語では「式」に該当する名称は存在しないのです。

そのことから日本では「リアス式海岸」と「リアス海岸」という和訳が混在しており、長らく学校教育において「リアス式海岸」の呼称が教えられましたが、「リアス式」では「リアス地方の海岸地形」であると勘違いされることを防ぐため、2008年頃を境に「リアス海岸」と教えるように統一されたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*