くわばらは落雷を避けるための言葉だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「くわばらくわばら」の意味は、落雷を避けるために唱える雷除(よ)けのおまじないです。

人々はかつて雷を超自然的な現象と考えていました。

雷鳴に神の存在を意識して「神鳴り」という漢字を当てたり、落雷で出現した妖怪「雷獣」を目撃したりと、雷にはさまざまな畏怖の念を寄せてきました。

おまじないの「くわばらくわばら」もその一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*