野球の試合をペナントレースというのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のプロ野球やアメリカのメジャーリーグは、毎年100試合を超えるリーグ戦で優勝チームを決します。このリーグ戦のことをペナントレースと呼びますが、Jリーグなどのサッカーのリーグ戦はペナントレースとは呼びません。

ペナントの語源

「ペナント(pennant)」とは、一般的に横長の三角形をした旗のことです。中世ヨーロッパで騎士が槍の先につけた小旗を「ペノン(pennon)」といい、それを“吊るす”を意味する「ペンダント(pendant)」という言葉を組み合わせた造語です。時が経つと、海軍の軍艦にペナントが用いられるようになりました。

そして、野球のルーツであるメジャーリーグの優勝旗にペナントが用いられたことから、ペナントを奪い合う戦いということで、ペナントレースと呼ばれるようになったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*