パスポートの色は5色もある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パスポートの種類

一般旅券である赤と紺のパスポートの違いは、有効期限の長さにあります。赤色は10年、紺色は5年の有効期限で、申請費用に差がありますが、コストパフォーマンス的には赤の方が安いというメリットがあります。しかし20歳未満においては強制的に紺色のパスポートしか持つことができません。

緑色のパスポート

緑色のパスポートは「公用旅券」と呼ばれるもので、例えば国会議員など、国の用事で海外に渡る人やその同行者に発行されるパスポートです。公用旅券の表紙には「OFFICIAL PASSPORT」と表記されています。

濃い茶色のパスポート

濃い茶色のパスポートは「外交旅券」です。皇族や内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長、最高裁判所長官、外交官などが、その名の通り公務によって海外に渡る際に使用されます。表紙には「DIPLOMATIC PASSPORT」と表記されています。

茶色のパスポート

外交旅券に比べて色が薄めの茶色は「緊急旅券」です。外国に滞在中にパスポートの紛失・盗難・有効期限の失効などがあった場合に、緊急用として発行されるパスポートで、表紙には「EMERGENCY PASSPORT」と表記されており、特殊なパスポートの中で唯一、一般人が持つ可能性のあるパスポートになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*