カーリングでストーンの前を掃くのは何のため?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーリングはストーンを投げて、より円の中心に近い位置にストーンを停止させることを競うスポーツです。「氷上のチェス」とも呼ばれる通り、深い戦略と繊細な技術が要されます。ストーンを投げた後は、二人の選手によってストーンの軌道上を一生懸命に掃かれますが、これにはどういった意味があるのでしょうか。

スウィーパーの役割

投げられるストーンは20kgもの重さがあり、滑りやすい石の素材を使用しているとはいえ、コントロールが難しいです。そのため、ブルームという専用のブラシでストーンの軌道上を掃くことによって、石の移動速度や停止位置などを微調整しているのです。

ブルームは特殊な素材が使われており、これで氷上を擦ることによって凹凸を滑らかにし、ザラザラの表面をツルツルにしたり、ブルームを擦ることで発生した熱によって氷の表面が溶けて水の膜に変えることで、滑りを良くしたりします。もう一つは、擦ることによって削られて発生した極小の氷の粒がストーンとの間に入り込み、摩擦力を軽減してくれるという理由もあります。

この3つの理由は「なぜブルームで氷上を掃くと滑りが良くなるのか」という疑問に対して現在考えられているもので、確実にこの理由で滑りが良くなっているという確証はなく、未だ解明できていないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*