インフルエンザは発症0日目からカウントする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザの発症日

学校の場合は「学校保健安全法施行規則」によって出席停止期間は「熱が出た後5日、かつ、解熱した後2日」と定められています。インフルエンザの発症は発熱や倦怠感、筋肉痛、くしゃみや咳など諸症状があらわれた日からカウントされ、その当日は0日目とカウントします。

翌日から発症1日目とカウントし、定められた期間を安静にしていなければなりません。

しかし会社の場合は出社停止期間を定めた法律などは存在せず、その会社の就業規則に従うことになります。一週間程度休ませてもらえれば問題はありませんが、実際全ての企業がそういった対応を行えていないのが現実のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*