「セカンドバッグ」があるのになぜ「ファーストバッグ」はない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セカンドバッグは、日本では1990年代にサラリーマンを中心に流行した、肩ひもや持ち手の無い小型のバッグのことです。芸能人やスポーツ選手などもファッションとしてセカンドバッグを持つ姿がよく見られました。「セカンド」は日本語で「二番」という意味がありますが、「一番」を意味する「ファーストバッグ」はなぜ存在しないのでしょうか。

セカンドバッグの由来

確かにカバン屋さんを見回しても、ファッション業界の用語を探っても、ファーストバッグという言葉は存在しません。しかしそもそものセカンドバッグの用途を理解すると、段々とその理由が分かってきます。

セカンドバッグは正式にはクラッチバッグといいます。セカンドバッグは日本でクラッチバッグが流行した際に誕生した、和製英語であるとされます。

そしてセカンドバッグは本来は女性が携帯するものとされていました。それはパーティなどの場で着用する女性のドレスにはポケットが無いため、化粧品や貴重品などの最低限の物を持ち歩く必要があったからです。

つまり、パーティ会場を例にすると、持ち歩く必要のある最低限の物はセカンドバッグに、それ以外の物は大きめのカバンに入れてクロークに預けているわけです。このことから「二番目のカバン」という意味が生まれたと考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*