「焼肉」と「バーベキュー」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焼肉バーベキューの違いは?と聞かれれば、多くの人は「屋内でするか、屋外でするか」と答えることでしょう。しかしバーベキュー文化の普及と啓蒙を目指す活動をしている日本バーベキュー協会では、その違いを次のように説明しています。

焼肉とバーベキューの違い

純粋に肉を焼いて塩コショウやタレをつけて食べる焼肉以外にも、すき焼きやしゃぶしゃぶなど、日本では肉を焼いて(火を通して)調理する料理はいくつかあります。注目して欲しいのが肉を口にするまでの手順です。例に挙げたいずれの料理も、焼いては食べ、焼いては食べを繰り返す料理であることが分かります。つまり、調理と食事が同時進行しているのです。

対してバーベキューはどうでしょうか。バーベキューの本場はアメリカですが、その趣向は大勢で集まってパーティの場でバーベキューをするといった印象があります。そのため、バーベキューにはエンターテインメント性が求められる場合は多く、ホストはゲストを楽しませるべく様々な工夫をします。そして、まずは肉や野菜を焼き、焼きあがったらお皿に盛り付け、そしてみんなで食べ始めるというのが一般的です。

確かに屋内と屋外の違いはあるのかも知れません。しかし日本人が行うバーベキューは、みんなでワイワイと肉を焼きながら食べている印象があります。それは本場のバーベキューからするとご法度なのかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*