揚げ物にキャベツがついている理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の食卓に生野菜が並べられるようになったのは、意外に最近の事。


これは、日本人が米を主食にしてきたからで、副食としての野菜は、煮たり漬けたりして、塩味をきかす事が多かったから。


幕末から明治にかけて、外国から色々な野菜が入ってきたが、ほとんどが当時の日本人の口に合わなかった。


その中でキャベツだけが馴染まれたのだ。
明治以降、西洋料理が上流階級から民間と広がっていったが、サラダとして野菜を生食するのは好まれなかったようだ。


わずかに、キャベツだけが皆の口に合ったので、レストランで出される揚げ物に添えられるようになった。


現在でも、トンカツやハンバーグステーキの皿の上にはキャベツが乗っているのは、その名残りというわけ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*