カスタネットが赤と青の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校でよく使われるカスタネットは、片側が色で片側が色をしています。なぜ異なるを使っているのでしょうか。

今回の雑学では、カスタネットの色の由来についてご紹介します。

元々は色は統一されていた

今でこそランドセルはカラフルなものが沢山ありますが、一昔前は男の子は黒、女の子が赤というのが定番でした。それと同様に、元々カスタネットの色は赤一色と青一色の二種類が存在していました。赤は女の子用、青は男の子用として区別されていたのです。

しかしそれではカスタネットを用意する際に、わざわざ男女の人数を把握する必要があるために不便さが感じられていました。

また、兄弟がいる家庭において、性別が違うとお下がりが使えないという苦情も、カスタネットの色が赤と青の組み合わせになることを後押ししているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*