「憲法」と「法律」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たびたびテレビなどで憲法を改正しろ!などと訴えている言動を目にします。多くの人がそれに賛同しますが、憲法の改正はなかなか容易なことではないようです。しかし「◯◯法」などという様々な法律は、抜け穴を埋めるがごとく、事あるごとに改定されます。

憲法と法律の違い

法律は非常に多様な種類が存在します。そのどれも、国民を守るためにある、日本に住むものにとって共通のルールです。この法律は、国会が制定しています。

対して憲法は、国がどのようにあるべきか、国民の権利や義務は何かなどを定めたもので、憲法は国にひとつしかありません。これを「最高法規」といい、法律は憲法のもとで定められ、憲法に違約することはできません。つまり憲法は法律のさらに上にある、絶対的なルールなのです。

もちろん憲法の改正を行うことは可能ですが、国会と国民の投票が必要になってくるため容易ではないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*