ラッパのマークだけじゃない?正露丸の歴史

いざという時の常備薬として、腹痛や食あたり等による症状を改善してくれる頼もしい正露丸

今回はそんな正露丸のルーツから、類似品とも思われる様々な正露丸が存在する理由についてをご紹介します。

正露丸のルーツ

正露丸といえば誰しもが聞いたことのあるだろうキャッチコピー「ラッパのマークの正露丸」が思い浮かびます。

このラッパのマークの正露丸とは大幸薬品が販売している正露丸ですが、実際には富士薬品や常盤薬品など、様々な薬品会社から正露丸が発売しています。

なぜこの様な事が起きているのか、順を追ってご説明しましょう。

正露丸はかつて日露戦争が勃発した際、戦場におもむく兵士に支給されました。正露丸の旧称は「征露丸」といい、露(ロシア)を征する丸薬して名付けられたのです。

終戦後、「征」の字が使われるのは好ましくないとの指導が入り、現在の「正露丸」に改名されました。

なぜ多数の正露丸が存在するのか

正露丸は大幸薬品の商標であったが、1974年と2008年の二度の裁判により、普通名称化との判決が下されました。

普通名称化とは、その商品の商標としての効力を失い、一般的な名称としての扱いとなる事を指します。つまり、どの企業が商品名として使おうとも、お咎めが無いことを指しています。

冒頭に述べたように、ラッパのマークの正露丸は大幸薬品の販売している正露丸であり、その他の企業が販売している正露丸は、ラッパのマークじゃない正露丸ということになるのです。

ちなみに

しかしながら正露丸といえばやはりラッパのマークの正露丸が印象的です。そのCMに使われているラッパで奏でられるメロディーは、旧陸軍で使用されていた、食事の時間を知らせるための信号ラッパです。

「食」を連想させ、日露戦争を連想させ、上手く出来たCMで視聴者の脳裏に正露丸を印象づけてくれています。

坂本龍馬が起源の日本初の出来事とは

薩長同盟を結ばせ、幕府倒幕の成功を担った幕末の英雄である坂本龍馬。今の日本の姿があるのは彼のおかげと言っても過言ではないかもしれません。

そんなカリスマ性を持ち合わせた坂本龍馬ですが、現在の日本でも当然のように行われているある行事を、日本で初めて行ったことでも知られています。

その行事とは一体何なのでしょうか。

坂本龍馬が発祥のあのイベント

1866年に京都で薩長同盟が結ばれると、その翌日に幕吏に襲撃され龍馬は負傷してしまいます。この際におりょうの助けがあって一命を取り留めました。

おりょうとはこの事件の2年前に結婚した龍馬の妻であり、本名は楢崎 龍(ならさき りょう)といいます。

負傷した龍馬は西郷隆盛の配慮により、薩摩(鹿児島)の温泉で療養を取ることとなりました。道中、現在の宮崎県の高千穂峰で龍馬とおりょうは二人きりで時を過ごすのですが、これが現在でいう新婚旅行の始まりと言われています。

その後、わずか31歳の若さでこの世を去った龍馬ですが、その影響力は計り知れません。

今では龍馬とおりょうが幸せな時間を過ごした場所と同じ地を巡るツアーがあったりもします。
幕末の英雄がその目で何を見たのか、ツアーに参加して共感してみてはいかがでしょうか。

ハイヒールはオシャレのために履くものじゃなかった

女性のオシャレには欠かせないハイヒールピンヒールなどのヒール付き靴。しかしこのハイヒールの開発目的は、想像も付かない理由によって作られたのでした。

今回の雑学では、ハイヒールの発祥についてご紹介します。

ハイヒールの歴史

ハイヒールの元となったのは1500年代中頃にイタリアで流行していた「チョピン」と呼ばれるイスラム風の厚底の靴でした。主に上流階級の婦人や、高級娼婦などによって履かれ、最大で50センチを超える厚底の物も存在していたというのも驚きです。

この時代では、現代と同じようにオシャレを目的として履かれていました。

そして1600年代になり、フランスでチョピンを元としたハイヒールが開発されるのですが、その開発理由というのがオシャレとは全く関係のない理由だったのです。

予想も出来なかったハイヒールの使い道

1600年代になると、ヨーロッパ各国を中心として人口が密集しだしたことから、街中に汚れが目立ちました。中でもトイレ問題は深刻で、現在の様に水洗トイレがなかった当時、汚物が路上にまで溢れだしてしまうこともあったようです。

この事から、少しでも路面に接する面積が少なくなるように、かかとにヒールを付けたハイヒール靴が開発されたのです。

その後、徐々に姿形を変化させつつ、現代の様に女性のオシャレには欠かせない靴となりました。

得意なものを「十八番(オハコ)」というのはなぜ?

カラオケに行った時、「この曲は私の十八番オハコ)なんだよね!」といった会話を耳にする事があります。

十八番とは、自分の最も得意とする事などを指しますが、それならば一番で良いのでは?と思うことがあります。

今回の雑学は、この言葉の語源についてご紹介します。

十八番の意味

この言葉は歌舞伎からきているもので、本来の読み方は「じゅうはちばん」と読みます。

歌舞伎界の名門である市川家が、1832年に市川家が18種類の演目を選出し「歌舞伎十八番」として発表しました。これが現在の、得意とする事などを十八番と呼ぶ由来になっています。

オハコと読む理由

上記の歌舞伎十八番の演目台本を、箱の中に入れて保管していた事から、十八番の事をオハコと呼ぶようになり、そのまま十八番と書いてオハコと読むようになりました。

エイプリルフールの発祥に迫る

本日4月1日は、記念日でも何でもないのに誰しもが知っているエイプリルフールです。
日本語に直訳すると、4月の嘘と読むように、一年の中で今日だけは嘘を付いていい日とされています。
国内の様々な企業も毎年エイプリルフールの企画に便乗し、面白いネタを見せてくれています。

それでは一体どこの誰がこんなバカバカしい日を作ったのでしょうか?

今回はエイプリルフールの起源について調べてみました。
ちなみにこの記事に嘘は含まれていません。

エイプリルフール発祥には諸説ある

日本にエイプリルフールが広まったのは大正時代にまでさかのぼります。
結果として、起源の諸説は数あれど、決定的に確証されている説は存在しません。
いくつか説をご紹介します。

旧新年説

ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していた。しかし1564年に1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用され、これに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。

インド修行僧説

インドでの悟りの修行は、春分の日から3月末までの一週間の修行を経て悟りの境地に達する。この修行を終えた僧をからかったり、いたずらをしたりする行事を揶揄節(やゆせつ)と称して行っていたものが、ヨーロッパを拠点として世界に広まった。

ポワソン・ダブリル説

フランスでは、4月1日は「ポワソン・ダブリル」と呼ばれ、凄く魚が釣れる日とされています。
ポワソン・ダブリルは日本語に直訳すると「バカな魚」という意味で、この日は紙で魚を作った相手の背中に貼り付けたりし、いたずらをする日とされています。


調べれば調べるほど多くの説が出てきますが、最も有力かつ世間に語られているのは、今回ご紹介した3つの説になります。どの説にしろ、ヨーロッパから発祥し出したことは間違いないようです。

Jリーグ全52チームのチーム名の由来まとめ

1993年にJリーグが開幕されてから早22年。昨年2014年にはJ3リーグも発足され、チーム総数は52チームと、巨大なリーグとなりました。

今回は各チームのチーム名の由来をご紹介。その土地々々に由来したユニークな名前となっています。

全52チームのホーム地と加盟年

加盟年チーム名ホーム地
1991浦和レッドダイヤモンズ埼玉県
1991鹿島アントラーズ茨城県
1991ガンバ大阪大阪府
1991サンフレッチェ広島広島県
1991清水エスパルス静岡県
1991ジェフユナイテッド千葉千葉県
1991東京ヴェルディ1969東京都
1991名古屋グランパス愛知県
1991横浜F・マリノス神奈川県
1994ジュビロ磐田静岡県
1994湘南ベルマーレ神奈川県
1995柏レイソル千葉県
1995セレッソ大阪大阪府
1996アビスパ福岡福岡県
1996京都サンガFC京都府
1997ヴィッセル神戸兵庫県
1998コンサドーレ札幌北海道
1999FC東京東京都
1999アルビレックス新潟新潟県
1999ヴァンフォーレ甲府山梨県
1999大分トリニータ大分県
1999大宮アルディージャ埼玉県
1999川崎フロンターレ神奈川県
1999サガン鳥栖佐賀県
1999ベガルタ仙台宮城県
1999モンテディオ山形山形県
2000水戸ホーリーホック茨城県
2001横浜FC神奈川県
2005ザスパクサツ群馬群馬県
2005徳島ヴォルティス徳島県
2006愛媛FC愛媛県
2008FC岐阜岐阜県
2008ロアッソ熊本熊本県
2009カターレ富山富山県
2009栃木SC栃木県
2009ファジアーノ岡山岡山県
2010ギラヴァンツ北九州福岡県
2011ガイナーレ鳥取鳥取県
2012FC町田ゼルビア東京都
2012松本山雅FC長野県
2013V・ファーレン長崎長崎県
2014AC長野パルセイロ長野県
2014FC琉球沖縄県
2014SC相模原神奈川県
2014Y.S.C.C.横浜神奈川県
2014カマタマーレ讃岐香川県
2014グルージャ盛岡岩手県
2014ツエーゲン金沢石川県
2014福島ユナイテッドFC福島県
2014藤枝MYFC静岡県
2014ブラウブリッツ秋田秋田県
2015レノファ山口FC山口県

※年度、五十音順

1991年加盟9チームのチーム名由来

浦和レッドダイヤモンズ

チームの前身が三菱重工業サッカー部ということで、三菱のマークであるダイヤモンドと、三菱のイメージカラーである赤(レッド)とかけている。

鹿島アントラーズ

鹿島神宮にちなんで「鹿の枝角(アントラー)」と名付けた。また、鹿の枝角はホーム地茨城県の茨を指している。

ガンバ大阪

イタリア語で「脚」を意味する。脚を使って強いチームを目指すことを表している。また、日本語の「頑張る」の意味も含まれる。

サンフレッチェ広島

日本語の「3(さん)」と、イタリア語で「矢」を意味するフレッチェを組み合わせた造語。広島県で有名な武将、毛利元就の三本の矢から由来している。

清水エスパルス

サッカー、静岡、清水の頭文字である「エス」と、英語で心臓の鼓動を意味する「パルス」を組み合わせた造語。

ジェフユナイテッド千葉

チームの前身はJR東日本と共同運営する古河電気工業サッカー部。JR東日本(JR-East)+古川電機工業(Furukawa)を組み合わせてジェフ(JEF)。ユナイテッドは英語で「結束」を意味する。

東京ヴェルディ1969

ヴェルディはポルトガル語で「緑」を意味する「Verde(ヴェルデ)」を元にした造語。緑はヴェルディのチームカラーになっている。
1969はチームの前身である読売サッカークラブが創設されたことに由来する。

名古屋グランパス

英語で鯱(シャチ)を意味し、名古屋城の金のシャチホコとかけている。

横浜F・マリノス

マリノスはスペイン語で「船乗り」を表す。港町である横浜にちなんで名付けられた。
1998年にJリーグ発足当初から加盟していた横浜フリューゲルスと合併したため、Fの表記が付け加えられている。ちなみにフリューゲルはドイツ語で翼を意味し、運営会社である全日空とかけた言葉になっている。

1994~1998年加盟8チームのチーム名由来

ジュビロ磐田

ポルトガル語とイタリア語で共に「歓喜(ジュビロ)」を意味する。

湘南ベルマーレ

ベルマーレ平塚というチーム名だったが、2000年に現在のチーム名に変更された。
ラテン語で「美しい(ベラム)」と「海(マーレ)」を組み合わせた造語。湘南の海とかけている。

柏レイソル

スペイン語で「王様(レイ)」と「太陽(ソル)」を組み合わせた造語。太陽の王を意味する言葉になるが、なぜこの名が付けられたかは不明。

セレッソ大阪

スペイン語で「桜」を意味する。大阪市の市の木である桜とかけている。

アビスパ福岡

スペイン語で「スズメバチ」を意味する。俊敏で統率のとれた攻撃を行う事を表している。

京都サンガFC

チームの前身は京都紫光サッカークラブ。加盟してから2007年までは京都パープルサンガというチーム名で活動。パープルは前身の京都紫光の紫から、サンガはサンスクリット語で「仲間」を意味する。

ヴィッセル神戸

英語の「ヴィクトリー(勝利)」と「ベッセル(船)」を組み合わせた造語。勝利への船出という思いが込められている。また、港街である神戸の街ともかけている。

コンサドーレ札幌

北海道民を指す「道産子(どさんこ)」を逆さまに読んだ言葉に、ラテン語で声援を意味する「オーレ」を組み合わせたもの。

1999年加盟9チームのチーム名由来

FC東京

FCはフットボールクラブの略で、サッカーチームを意味する。

アルビレックス新潟

はくちょう座を表す「アルビレオ」と、ラテン語で王を意味する「レックス」を組み合わせた造語。新潟県は日本一の白鳥の飛来地である事に由来している。

ヴァンフォーレ甲府

フランス語で「風(ヴァン」と「林(フォーレ」を組み合わせた造語。山梨県の有名武将である武田信玄の風林火山にちなんで名付けられた。

大分トリニータ

英語で三位一体を意味する「トリニティ(Trinity)」と、「大分(Oita)」を合わせた造語。

大宮アルディージャ

アルディージャはスペイン語でリスを意味する「アルディーラ(Ardilla)」を読みやすく変化させた造語。リスは大宮市(現さいたま市)のマスコットキャラクターである。

川崎フロンターレ

イタリア語で「正面」を表すフロンターレ (Frontale)は、正々堂々とスポーツマンシップに則って戦う事を表している。

サガン鳥栖

砂岩のように小さな粒が固まって大きな力になるような思いが込められている。また、ホーム地の佐賀という言葉も含まれている。

ベガルタ仙台

仙台の有名な七夕祭りにちなんで、「おり姫のベガ」と「ひこ星のアルタイル」を組み合わせた造語。

モンテディオ山形

イタリア語で「山(モンテ)」と「神(ディオ)」を組み合わせた造語。

2000~2008年加盟7チームのチーム名由来

水戸ホーリーホック

英語で「葵(たちあおい)」を意味し、水戸藩徳川家の家紋である葵とかけている。

横浜FC

特に意味なし。

ザスパクサツ群馬

群馬県といえば草津温泉。という事で「ザ・スパ草津」。スパ(spa)は英語で温泉という意味。

徳島ヴォルティス

イタリア語で「渦(うず)」を意味するヴォルティーチを元にした造語。徳島県の名物である鳴門の渦潮から由来する。

愛媛FC

特に意味なし。

FC岐阜

特に意味なし。

ロアッソ熊本

イタリア語で赤を意味する「ロッソ」と、イタリア語でエースを意味する「アッソ」を組み合わせた造語。赤は熊本の別妙である火の国から由来する。

2009~2013年加盟8チームのチーム名由来

カターレ富山

チームを「語れ」、富山の方言で勝つを意味する「勝たれ」、イタリア語で歌えを意味する「カンターレ」の言葉とかけている。

栃木SC

珍しくSC(サッカークラブ)という表記で登録している。

ファジアーノ岡山

イタリア語で「雉(キジ)」を意味する。岡山県の県の鳥であるキジから由来している。

ギラヴァンツ北九州

イタリア語でひまわりを意味する「ジラソーレ(girasole)」と、前進を意味する「アヴァンツァーレ(avanzare)」を組み合わせた造語。

ガイナーレ鳥取

この地方の方言で「大きい(がいな)」を元にした造語で、大きなチームになるようにという思いが込められている。

FC町田ゼルビア

町田市の市の樹である「ケヤキ」と、市の花である「サルビア」のそれぞれの学名である「Zelkova(ゼルコバ)」と「Salvia(サルビア」を組み合わせた造語。

松本山雅FC

運営会社である株式会社松本山雅から命名。

V・ファーレン長崎

Vはポルトガル語で勝利を意味する「ヴィトーリア(VITORIA)」と、オランダ語で平和を意味する「ブレーダ(VREDE)」の頭文字。ファーレンはオランダ語で「航海」を意味する。

2014~2015年加盟11チームのチーム名由来

AC長野パルセイロ

パルセイロはポルトガル語で「パートナー」を意味する。地域に密着したチームを目指すことを表している。

FC琉球

琉球は沖縄を表す古称。

SC相模原

栃木SCと同様、サッカークラブ(SC)という表記をとっている。

Y.S.C.C.横浜

Y.S.C.C.は運営法人である横浜スポーツ&カルチャークラブ(Yokohama Sports & Culture Club)の頭文字。

カマタマーレ讃岐

讃岐うどんで有名な釜玉うどんの「釜玉」と、イタリア語で海を意味する「マーレ」を組み合わせた造語。

グルージャ盛岡

グルージャはスペイン語で「鶴」を表す。盛岡藩主南部家の家紋である「向鶴」とかけており、グルージャの「ジャ」に関しても、盛岡名物の「じゃじゃ麺」や、盛岡方言で多く発音される「じゃ」をかけた言葉になっている。

ツエーゲン金沢

運営会社の株式会社ツエーゲンから命名。
ツエーゲンはドイツ語で「2(ツヴァイ)」と「進む(ゲーエン)」を組み合わせた造語で、チームとサポーターが一丸となって進む意味合いも含まれている。

福島ユナイテッドFC

ユナイテッドは英語で「団結」を意味する。

藤枝MYFC

運営会社の株式会社藤枝MYFCから命名。
MYFCは私の(My)フットボールクラブ(FC)を表している。

ブラウブリッツ秋田

ドイツ語で「青い稲妻」という意味。秋田県と稲妻の関係性は不明。

レノファ山口FC

英語で「レノベーション(革新)」と、「ファイト(戦う)」や「ファイン(元気)」のそれぞれの頭文字を組み合わせた造語。

トイレのマークは日本発祥

世界中の公衆トイレで使用されている男性用トイレと女性用トイレの目印となるマークは、実は日本発祥だったことはご存知でしょうか?

今回の雑学では、その起源についてご紹介しましょう。

トイレマークの発祥

初めてトイレマークが設置されたのは1964年の東京オリンピックでのこと。世界中から多人種が一堂に会する場で、誰の目から見ても用途がひと目で判断できるよう、紳士用と婦人用で分かりやすいイラストをデザインしたマークを設置したのが始まりです。

このように案内標識をイラストで表しているものを「ピクトグラム」といい、日本語では絵文字を意味します。

ピクトグラム自体は東京オリンピックからさかのぼること40年も昔に、オーストリアの哲学者によって考案されていましたが、世界中に浸透するきっかけとなったのが東京オリンピックということから、発祥は日本であると言っても過言ではないでしょう。

この東京オリンピックではトイレマーク以外にも競技の種類と内容を表すピクトグラムや、レストランを表すピクトグラム、医務室を表すピクトグラムなどが実用され、これらは現在でも使われ続けています。

春の大型連休!ゴールデンウィークの起源とは

今年も特に一般の社会人には嬉しいゴールデンウィークがやってきました。

毎年4月29日の「昭和の日」の祝日から、5月5日の「こどもの日」の祝日まで、4つの祝日が続く飛石連休の週を指しますが、ゴールデンという名称は一体どこからやってきたのでしょうか。

ゴールデンウィークの発祥

この連休は日本の祝日によるものですので、もちろん名称の発祥は日本になります。

ゴールデンウィークという言葉が使われだしたきっかけは、1951年に公開された映画「自由学校」が始まりでした。

映画を制作したのは大映と松竹の合作で、今でいうゴールデンウィークの時期に公開され、興行収入が当時の最高記録を出したのです。
お盆やお正月などの国民のほとんどが休みの時期以外で最高記録を出したことから、大映はこの期間をゴールデンウィークと名付けました。

しかしNHK放送局や新聞メディアではゴールデンウィークという表記は使わず、単に大型連休という記載をしています。これはゴールデンウィークに休みが取れない方への配慮などが理由となっているようです。

ゴルフが18ホールになった理由

ゴルフは前半に9つのアウトホール、後半に9つのインホール、合わせて18ホールを回るのが正式なルールです。
昔は22ホールを回っていた歴史もありますが、どちらにせよ微妙に中途半端な数字ですが、何か意味があるのでしょうか。

今回の雑学では、ゴルフが18ホールになったいくつかの理由をご紹介します。

元々は22ホールだった

ゴルフの発祥地とされるスコットランドのセントアンドリュースのゴルフクラブではアウト/インそれぞれ11ホールを回り、合わせて22ホールでプレイしていた歴史がありました。

しかし土地の一部を市へと返還したことで土地の広さが足りなくなってしまい、計18ホールまで縮小したのがきっかけとなり、世界中で18ホールが浸透したとのこと。

終わるきっかけ作りのウィスキー説

スコットランドは非常に寒い地域です。プレーの際にはティーショット(各ホールの第一打)の度にボトルに入れたウィスキーを一杯飲み、18ホール目で丁度ボトルが空になってしまうので、そのホールを最終ホールとしていたという説があります。

ボトル一本を飲み干してしまうわけですから、最後の方はグデングデンに酔っ払ってしまってプレーどころではなさそうですが…。

ゴルフコースの「アウトホール」と「インホール」の由来

ゴルフはアウト(Out)ホールとイン(In)ホールを合わせて18ホールを回るのが正式なルールです。前半に9つのアウトホール、後半に9つのインホールを周ります。

イメージでは前半がイン、後半がアウトの方がしっくりと来そうですが、理由を知るとなるほど!と納得できました。

前半ホールが「アウト」で後半ホールが「イン」の理由

ゴルフ場はその形状から、スタートの1ホール目とゴールの18ホール目が近い位置にあるように設計されています。1ホールから順番にプレイしてグルッと回りながらラストの18ホールで戻ってくるわけですね。
そしてこの1ホールと18ホールにはクラブハウスと呼ばれる受付所や休憩所などが一体した施設があるのです。

このクラブハウスを基点として、ホールに対して「出かける」を意味する英語の「Going out」、そして「帰ってくる」ことを意味する「
Coming in」が語源となっています。