日本人と肉食の歴史

1.日本人の肉食の起源は

 問題はこの後。仏教が本格的に普及すると、「生きているものを殺しては駄目」と提唱。植物だって生きていると思いますが、ともあれ肉食する奴はとんでもない奴というレッテルが貼られ、肉食は衰退していきました。ただし、キジをはじめ鳥肉はその後もずっと食べることがありました。

 ただし、鶏は食用の対象ではなく、ただ羽の色と鳴き声を楽しむだけのものだったそうで、鶏が食用になったのは明治以降です。

 では他の肉は平安時代から江戸時代まで何も食べなかったのでしょうか。

 実は、戦国時代に焼き肉が登場しています。
 これは何故かというと、足軽(兵士)の人々が非常食として農家から牛をかっぱらってきて、味噌(普段携帯している)で味付けして鉄板で焼くことを考案したからです。腹が減っては戦は出来ぬ、と緊急事態がなせる料理ですが、おいしかったでしょうねえ。また、宣教師が牛や馬の肉を食べていたことで、九州を中心に肉食が普及。しかし、それが豊臣秀吉に嫌がられたようで「バテレン(宣教師)追放令」と共に禁止となりました。

 第一、牛や馬は農家にとって重要な働き手でした。今のように牛や馬を大量に飼育するのも大変なので、肉食によって失っては駄目だったのです。ついでに言うなら秀吉は農家の出身。そこの事情を考慮したのかも・・・しれませんね。ただし、飢饉の時はそんなことも言っておられず、食べたようです。

3.文明開化で変わる食生活

 さて、時代は1853年。
 アメリカからペリーが日本にやってきた。彼は食料を求め「鶏200羽と牛60頭をよこすように」と言ったそうです。ところが幕府の役人は「なぜ?船の中で耕作はできないですよ」とお答え。この答えにさぞかしペリーはビックリしたでしょう。

 そしてペリーは答えました。
 「食べるのですよ」
 「えっ?」

 ここで「なるほど西洋人は肉を食べるものなのか」と、納得したのが江戸幕府最後の将軍である徳川慶喜。特に豚肉がお気に入りになったようで、人々からは「豚一様」と馬鹿にされてしまいました。だが、明治維新で人々は文明開化の言葉に酔い、肉食に飛びつき、政府もこれを強力に後押ししました。

 1869年には、東京の築地に政府が牛馬会社を設立。1872年には明治天皇も召し上がられました。そしてこれを受けてか、仮名垣魯文が著した「安愚楽鍋(あぐらなべ)」の中では「牛肉食わねば開化不進奴(ひらけぬやつ)」と書かれておるほど牛鍋は庶民の間に普及します。

 なお、この牛鍋というのは今の関東風のスキヤキであり、そもそも関西には牛鍋はなく、代わりにこれに似た料理をスキヤキと言って牛肉を食べました。そして、大正時代にスキヤキという呼称に統一されています。

4.スキヤキとビフテキ

 では、このスキヤキという呼称はどこから来たのでしょうか。

 諸説ありますが、有力なのは江戸時代に食べられた、タカやカモシカや鴨などの肉を使い古した鉄板の上で焼く鋤焼き(すきやき)に由来するという説。また、他の説としては肉や魚を薄く切ったものを「すき身」ということからきたという説があります。

 ちなみに、おいしい肉料理の観点からすると、このスキヤキというのは、あまり牛肉本来の旨みを引き出さないものらしい。肉汁をなるべく出さないことで、肉のおいしさを保った料理を作るのがセオリーなのに、スキヤキは肉汁垂れ流しだ、とのこと。

 ところで話は変わりますが、ビフテキの名前はどこから来ているか知っていますか?
 ここで「ビーフステーキ」の略と考えた方は不正解。これは、ビフテックというフランス語から来ているのです。さらに言いますと、ステーキとは、ステイクという北欧の言葉。ちなみに北欧のステイクと言えば、鯨のステーキを指します。

5.焼き鳥

 日本人と肉食といえば、焼き鳥も欠かせませんね。

 焼き鳥のような食品は古来よりありましたが、現在の形態に近いものは大正時代の終わり、大正12年の関東大震災の後に屋台で提供したことから始まりました。初めは高級料理だったそうで、今から考えると信じられない状態です。

 今のように庶民的になったのは昭和30年代に、食肉用ブロイラーが普及したことによって、鶏肉の価格が落ちたことが影響しています。これによって焼き鳥を扱う店が増え、居酒屋の代表的なメニューとなっていったのです。

(執筆:裏辺金好)

お茶の効能とは?

○はじめに

 こんにちは。今回はお茶にスポットを当てたいと思います。お茶の産地・静岡県では、お茶がメインの飲料水と言われ、人々が長生きなことで有名です。すなわち、お茶は健康にいいと言うことが証明されているのです。そこで、今回ご紹介するのは、一体お茶にはどんな成分と効能があるのか、というところです。  

1.タンニン

 これは、我々がお茶を飲んだときに「渋いッ」と思わせる原因になる成分です。科学的にはカテキンと言われ、今ではそちらの方が一般的な名称になった感があります。で、このタンニンは消化管に対して「吸れん作用(引き締め、縮める作用)」を持ち、腸の活動を活発にしてくれます。さらに、殺菌作用や防腐作用もあり、病原菌に対して効果があるのです。 

2.カフェイン

 有名な成分ですね。とりすぎには注意しなければいけないのですが、大脳など中枢神経への興奮作用があり、精神活動を活発にし判断力と思考力を増加してくれます。また、ストレスの解毒作用もあります。まあ、麻薬のような・・・。ですから、お茶ぐらいはいいですけど、コーヒーなどは注意した方が身のためです。受験勉強の友。 

3.テアニン

 アミノ酸の一種。緑化の旨みの中心となる成分です。玉露などに多く含まれていて、上品な旨み、甘みを持っています。お茶のおいしさはこれとタンニンの調和から来ます。なお、仲間としてグルタミン酸があります。  

4.香りの成分

 香りを馬鹿にしてはいけません。彼ら(?)も仕事をしています。含有量こそ微量なれど、小脳細胞に休息と活力を与えてくれるのです。お茶のにおいをかぐと、なんかほっとするのはこのためです。 

○おまけ

 おいしいお茶を入れるにはどうしたらいいか。温度が鍵を握っています。高級茶の場合は、低温で少ない湯量でゆっくり入れ、番茶などは高温で多量の湯を短時間で入れてしまう。これが大切なことだそうです。なお、お茶に使うお湯は必ず一度沸騰したものを使うべし。

(執筆担当:裏辺金好)

捕鯨問題とは

 今回のテーマは「」について。
 鯨を食べたことありますか? 昔はその安さで当たり前のように食べられたそうですが、今では調査捕鯨でとれた少数の量以外食べることができません。それでも鯨肉を提供している店や、近所のスーパーでも売っていることがありますが、なぜ、我々の食卓から消えてしまったのでしょうか。

○IWCの設立と対象

 さて、何で鯨が食べられなくなったのか。

 そもそも世界の様々な国や地域で捕鯨は行われ、19世紀から20世紀にかけて、アメリカやオーストラリアなどは、灯火燃料や機械油用の鯨油を求めてアメリカやオーストラリアなどは乱獲。こうした状況を踏まえ、1931年のジュネーブ捕鯨条約など、戦前から捕鯨の制限に向けた動きがありました。

 1946年に国際捕鯨取締条約といって、鯨を乱獲せず、合理的に使いましょうという条約が結ばれました。そしてそれに呼応して48年に国際捕鯨委員会(IWC)(International Whaling Commission)という組織が設立され、捕鯨の監視を行うようになりました。先に、IWCの現状について御紹介しましょう。

【設立目的】「鯨類資源の保存と捕鯨産業の秩序ある発展(国際捕鯨取締条約の目的)」実現のため、管理措置を決定する。
【加盟国】 88か国 (2015年1月時点) 
 うち捕鯨支持は39カ国(日中韓、カンボジア、ノルウェー、ロシア、アイスランド、デンマークなど)、反捕鯨国は49か国(アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリア、ニュージーランド、チリ、ブラジルなど)
【対象種】 大型鯨類13種
(シロナガスクジラ、ナガスクジラ、ホッキョククジラ、セミクジラ、 イワシクジラ、マッコウクジラ、ザトウクジラ、コククジラ、 ニタリクジラ、ミンククジラ、クロミンククジラ、 キタトックリクジラ、ミナミトックリクジラ、コセミクジラ)
全世界で鯨類は約80種いますが、上記13種以外は国、地域ごとに管理しています。例えば、ハクジラ類のイルカ、ゴンドウクジラ、ツチクジラなどです。

○対立の激化

 さて、IWC発足からしばらくは、科学的なデータも少なく、南極海以外での捕獲枠も決められていませんでした。

 1960年代に入ると、国別捕獲枠や鯨種ごとの捕獲禁止措置を実施。既に安価な石油の普及によって、アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリアなどの主要捕鯨国は採算が合わなくなったことから捕鯨から撤退し、代わって自然保護や動物愛護の観点から、欧米各国で捕鯨禁止に向けた運動が広がっていきます。

 こうしたことから、1972年にスウェーデンの首都ストックホルムで開催された国連人間環境会議で、商業捕鯨の10年間のモラトリアム(一時停止)が採択。しかし、IWCでは科学的な正当性がないことを理由に否決しています。

 ところが、欧米各国の工作によって25カ国がIWCに新規加盟し、一時は反捕鯨国が75%以上の多数を占めるように。この結果、1982年、商業捕鯨モラトリアム(一時停止)がIWCで決議されました。日本・ノルウェー・ペルー・ソ連は「異議申し立て」を行いますが、後に日本とペルーは撤退。日本の場合、アメリカの排他的経済水域から日本漁船を締め出すと圧力がかかったからでした。

 現在、日本ではIWC対象の鯨類のうち、資源量が極めて豊富なミンククジラや、ニタリクジラ、イワシクジラ、マッコウクジラ、ナガスクジラについて調査捕鯨を行っています。これに対し、疑似商業捕鯨であるという批判がありますが、水産庁では
「1頭1頭のクジラから、それぞれ100項目以上の科学データが収集されています。その分析結果は、毎年国際捕鯨委員会(IWC)科学委員会に報告されており、高い評価を得ています。」
 と反論しています。

 また、調査のために殺す必要はないという批判に対しては、水産庁では
 「資源管理のために必要な年齢についての正確なデータは、現在のところ、内耳に蓄積する耳あかの固まり(耳垢栓)や歯がなければ、得ることができません。また、クジラがいつ、どこで、何をどれくらい食べるかを知るためには、胃の内容物を見るしか方法がありません。これらはいずれもクジラを捕獲しなければ得られないデータです。」
 と反論しています。

 一方で、日本の調査捕鯨に対しては、過激な海洋環境保護団体であるシーシェパード(代表:ポール・ワトソン/本部:アメリカ合衆国ワシントン州フライデーハーバ)が2000年代に入って、日本の調査捕鯨船に対して体当たりを行ったり、酪酸瓶を投げつけるなど暴力的な実力行使を開始。

 さらに、2010年5月にオーストラリアが、南極海における日本の調査捕鯨の実態は商業捕鯨であり、停止を求めるとして国際司法裁判所に提訴。2014年3月31日付の判決で、南極海での調査捕鯨を「科学的でない」として、オーストラリア側の主張を認め、日本は事実上、全面的に敗訴しています。

 ただし日本は、2014年4月18日付の農林水産大臣談話で
「国際法及び科学的根拠に基づき、鯨類資源管理に不可欠な科学的情報を収集するための鯨類捕獲調査を実施し、商業捕鯨の再開を目指すという基本方針を堅持。」
 として、引き続き調査捕鯨を実施する意向を出しています。

○批判が集まるイルカ漁

 IWCの大型鯨類の捕鯨規制とは別に、近年ではイルカ漁についても海外から厳しい目が向けられています、

 特に、2009年に和歌山県太地町で古くから行われているイルカの追い込み漁を描いたアメリカ映画「ザ・コーヴ」(入り江)が公開。イルカ追い込み漁の残虐性をPRしたもので、2009年度第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞しています。

 さらに、世界動物園水族館協会(WAZA)は、追い込み漁によるイルカの入手を会員施設にやめさせるよう日本動物園水族館協会(JAZA)に要求。JAZAは、2015(平成27)年5月にこれを受け入れました。イルカショーについても、今後はさらに厳しい目が向けられそうです。

 まあ、そもそも動物園や水族館に対する批判も、動物虐待だ!とあるわけですが・・・。(私も、野生の環境を再現した展示ならともかく、狭くて暗い檻の中に閉じ込められているのは、いいのかなあと思いますが)

【参考】水産庁、日本捕鯨協会ウェブサイト、日本経済新聞2014年3月31日、産経新聞2016年1月29日
(執筆担当:裏辺金好)

肉の呼び名の由来

馬肉は「さくら」、イノシシ肉は「ボタン」、鹿肉は「もみじ」と花の名が付いていることは皆さんご存知の通りです。では一体なぜこの様な俗称が生まれたのでしょうか。

その昔、1687年。第5代将軍徳川綱吉により「生類憐れみの令」が政令されました。人はもちろんの事、犬や猫、鳥や魚などの生き物から、昆虫などに至るまでの全ての生き物に対して殺生を禁止する意味合いで制定されました。

法を破ったものには厳しい罰が与えられたのですが、それでも肉を食べるために、猟師は隠語を用いて狩猟を続けていたのです。

これが動物の肉の名前を植物の名前で呼び出した由来になります。

○○銀座商店街の由来

戸越、谷中、砂町といった東京都内を始めとし、徳島や千葉、伊豆に至るまで全国津々浦々。これらに共通している項目は、銀座商店街と名の付く商店街があることです。

なぜ全国的に銀座商店街の名が普及しているのでしょうか。

○○銀座商店街の発祥

発祥は全長1.3km、店舗数役400店が軒を連ねる日本最大の商店街である「戸越銀座商店街」が始まりです。

1923年の東京大震災で痛烈な打撃を受けた都内。崩壊した銀座のガレキを埋め立てて作られた商店街が戸越の商店街なのです。このことからこの商店街には銀座という名が含まれて命名されました。

全国内で多々ある銀座商店街は、実際に銀座のガレキが使用されているわけではなく、日本最大の商店街にまで発展した戸越銀座商店街の繁栄の縁起を担いで命名されているようです。

グリコキャラメルの名前の由来

「ひとつぶ300メートル」というキャッチフレーズが印象的なグリコキャラメル
社名である江崎グリコの由来は、まさにこのキャッチフレーズと密な繋がりがあるものでした。

グリコの由来とは

江崎グリコは1922年、江崎利一が大阪市にて創設。現在はお菓子以外にもレトルト食品や栄養食品を世に送り出す大手食品メーカーとなりました。「おいしさと健康」をキャッチフレーズに、消費者の健康も考えた製品づくりに取り組んでいます。

社を設立するきっかけとなった商品はもちろんグリコキャラメル。キャラメルの中に人体のエネルギー源となるグリコーゲンが含まれているため、健康にも良い栄養菓子として販売が開始されました。このグリコーゲンという言葉から、社名でもあるグリコの名前が誕生したのです。

食べると元気になる栄養菓子。まさしく一粒食べて、300メートル走れるエネルギーを吸収することが出来たのです。

サイコロの1の目が赤い理由

通常の6面体の2つのサイコロでゾロ目(同じ数字)が出る確率は6分の1です。このお話は今回の雑学とは全く関係ありません。

今回の雑学は、サイコロの1の目はなぜ赤く塗られているのかという事。それにはサイコロの歴史から紐解いていく必要があるようです。

サイコロの歴史

紀元前、古代エジプトや古代ローマからサイコロは使われてきました。現在の様なキレイな形をしたものではなく、動物の骨をサイコロの代わりに使用していたものもあるようです。

日本では奈良時代(710年–794年)に中国から伝来したものが始まりで、当時は6面体とは別に、棒状のサイコロも広く使われていたようです。

現在のサイコロになるまで

その後、国内ではサイコロを製造する様々なメーカーが出現。当たり前ですがどのサイコロも同じデザインで統一されていました。そこで和歌山のある製造メーカーが自社の商品であると分かってもらえるよう、サイコロの1の目を赤くしたことが始まりであると言われています。

以来、日本のサイコロの1の目は赤い色で塗られることが広く浸透し、現在にいたります。

これは国内だけに留まっており、海外のサイコロは全ての目が黒で塗られています。

「Google(グーグル)」の社名の由来

現在では検索エンジンの提供だけでなく、Eメールやオンラインストレージ、Google+、Chromeブラウザ、YouTubeやGoogle Analytics、画像管理のPicasaなど、を始めとしたサービスを60種類以上も提供しています。

フューチャーフォンOS「Android」の開発も手がけ、現在のウェブライフでは欠かすことの出来ないGoogleですが、その社名由来と創設をご紹介します。

創設と変革

1998年9月に創設。M&A(企業買収・合併)により様々なサービスを展開し、Googleの提供しているサービスのほとんどはM&Aにより技術を取り入れて開始されています。誰もが知る有名なサービスでいえば、YouTubeやGmail、Googleマップ、Google Earth(アース)などがあります。

2000年台初頭では、Googleの検索サイトを使用している事が”通”であるとされていました。およそ10年で企業規模を爆発的に発展させたのにはぐうの音も出ません。

Googleの由来

創設時より「人類が使うすべての情報を集め整理する」を理念にしているGoogleですが、その目的を達成しようとする意味が社名に込められています。

そもそもはGoogleではなく、ドメイン登録の際に「Googol(グーゴル)」を誤って登録してしまったのが始まり。Googolは数値の単位であり、1googolは10100(10の100乗)。つまりは膨大な数を意味し、限りなく膨大な数の情報を扱うという意味で命名されたのです。

この言葉通り、世界中で100万台以上のサーバを運用し、1日に10億以上の検索アクセスを処理しています。

収益

Googleは約90%が広告収入からの収益で運営されています。2014年度第4四半期(10月~12月)の売り上げ高は約2兆1400億円。純利益は5400億円にも上るモンスター企業なのです。

「最初はグー」が最初に使われたのはいつ?

じゃんけんの定番の掛け声である「最初はグー」ですが、この掛け声が初めて使われたのはいつからなのでしょうか。

今回の雑学では、最初はグーの発祥についてご紹介します。

あの人気タレントによって生み出された

かつて1969年から16年間放映され、最高視聴率は50.5%というザ・ドリフターズによる伝説のコント番組「8時だョ!全員集合」でこの言葉が生み出されました。

この番組の中で、1981年から始まった志村けんと仲本工事によるジャンケン対決のコント内で、志村けんが発した掛け声が初披露されました。当初は今のように短いものではなく「最初はグー、またまたグー、いかりや長介頭はパー、正義は勝つ」の後に、ジャンケンポンと続くものでした。

これが短縮されて「最初はグー」になり、今現在もじゃんけんといえばこの掛け声が使われ続けているのです。

スリッパの意外な発祥地と本当の使い方

現在では世界中で当たり前に使用されているスリッパですが、その発祥地はご存知でしょうか?また、今では想像も付かない本来の使い方があるのです。

今回の雑学では、スリッパの意外な真実をお伝えします。

スリッパが生まれた理由

結論から言ってしまうと、スリッパの発祥地は日本です。

スリッパが開発されたのは明治時代。この時代から外国人が多く日本へやってくるようになります。日本と違って家の中でも土足で行動する彼らに対して考案されたのが、このスリッパです。

本来は外履きを履いたまま、スリッパを使用していたのです。

ちなみにスリッパ(Slipper)の語源は、「滑る」を意味するSlipからきていて、滑るように歩くことの出来る履物として名付けられました。