F1マシンはいくらする?その値段とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
F1

フォーミュラ1(略してF1)はモータースポーツで
自動車レースの最高峰となるものです。

では、このF1のマシンはいくらぐらいするのでしょうか?

F1マシンの値段とは

F1

マシン1台約10億円。

時速300キロを超えるF1マシンですが、実はおよそ10億円はかかるとされています。
また、この金額は1レースごとに使われる金額です。

なので、シーズンを通すと100億は軽く超えるという計算になるのです。
レースだけでものすごい金額が消えていくスポーツで
開発に必要な費用などを考えると、1つのチームが消費される金額は莫大という事が分かります。

中古のF1マシンはいくら?

タイヤ

中古は1000~3000万円。

F1のマシン自体は、市販で売られることはないです。
しかし、それでも個人で購入することは出来るようで
国内外のディーラーを頼ると、中古で1000~3000万円ほどで購入が可能とのこと。

ちなみに、フェラーリで現役をひいた中古マシンだと
1億円ほどで販売している事もあるようです。

また、F1マシンは公道で走ることは出来ませんが、
サーキットでは走らせることは出来ます。

そもそもF1マシンを買う人は、かなりのファンでしかも金持ちでないと難しいです。


高額なものといえば、オペラのチケットもそれなりに高額ですが、その理由は知っていますか?
・オペラのチケットが高額の理由とは?

--

以上、F1マシンはいくらする?その値段とはでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*