1機いくら?ジャンボ機の機体の値段とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーイング

国内や国外などの移動で活躍する「飛行機」。
飛行機といえば「ジャンボ機」という名前でよく知られています。

では、そのジャンボ機の機体の値段はいくらぐらいなのか知っていますか?

1機いくら?

ボーング

1機で約300~500億円ほど。

「ジャンボジェット機」として有名な航空会社といえば、アメリカの「ボーイング」です。
飛行機の値段は『為替』によって値段も変化しますが、300~500億円ぐらいになります。

他には欧州の航空機メーカーの「エアバス」がありますが、
こちらも300~500億円程度になるようです。

飛行機は「鉄の塊」と呼ばれたりすることもありますが、
見方を変えれば「金の塊」が空を飛んでいると言えそうです。

他の乗り物

セスナ

中古のセスナ機は1000万~1億円ほど。

同じく空を飛ぶ飛行機として小型機の「セスナ」があります、
年数にもよりますが、中古のセスナ機だと1000万~1億円ほどするようです。

ハンググライダー


また動力の無い「ハンググライダー」は、約100万円ほどになります。
さらに動力が搭載されている「モーターグライダー」では、
値段は1000万~1700万円ほどになるようです。


ちなみに、飛行機のタイヤに窒素を入れるというのは知っていますか?
・飛行機のタイヤに窒素を入れる理由とは?空気との違いは?

--

以上、1機いくら?ジャンボ機の機体の値段とはでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*