駅の番線はどういう基準で決められているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京駅

日本の駅には番線があります。
では、その番線はどういう基準で決められているのでしょうか?

画像引用元:wikipedia「東京駅」

何を基準にしている?

駅

駅の番線の基準は、次のようになっています。

・駅長室に近い側から順番。
・上りを若い番号にすること。

以上の2つが主な原則になっています。

駅長室に近い側から順番

駅長室


画像引用元:wikipedia「駅長」

国鉄時代の駅はこの原則。

駅長室に近い順に1番、2番とつけていく方法。
この原則は国鉄時代に出来た古い駅は、大体この原則に従っているそうです。

上りを若い数字にする

駅

JR東日本の新しい駅はこの原則。

JR東日本の新しい駅にはこの方法が採用されており、
上り線を1番線、下り線を2番線とする方法です。


ちなみに、電車の線路には石を敷いていると思いますが、なぜ敷いているのか知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*