預金と貯金の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

預金と貯金の違い

銀行


画像引用元:wikipedia「銀行」

取り扱う金融機関によって違う。

預金と貯金の違いは、お金を取り扱う金融機関によって次のように分けられています。

預金:銀行、労働組合、信用金庫、信用組合
貯金:ゆうちょ銀行、郵便局、農協、漁協

貯蓄を目的とするものを貯金と呼び、決済を目的とするものを預金と呼んでいたといわれ、
預金のほうがより広い意味合いを持っているようです。

ゆうちょは「銀行」なのになぜ貯金?

ゆうちょ銀行


画像引用元:wikipedia「ゆうちょ銀行」

ゆうちょ銀行は郵便貯金の一部業務を継承するため貯金のまま。

ゆうちょ銀行は「銀行」なのに預金ではなく、なぜ貯金なのかと言うと
ゆうちょ銀行は2007年に日本郵政公社が分公社・民営化されて発足した銀行で
郵便貯金の一部の業務も取り扱うので、今まで通り「貯金」なのです。


ちなみに、銀行はお金を預ける場所なのに「金行」でない理由は知っていますか?
・「銀行はなぜ金行ではないのか」その理由と歴史

--

以上、預金と貯金の違いとは?でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*