野球のホームベースは昔は正方形だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
野球場

父「野球のホームベースは昔は正方形だったんだぞ!」

子「だから?」

と言われるつまらないネタですが、
野球の歴史として口に出さず知っておきたい。

現在の形になったのは1900年から

1800年代、アメリカではホームベースは正方形でした。

線に合わせた形で、このように置いていました。
しかし、内角、外角ギリギリを見極めにくい。。

野球 正方形のホームベース

そのため、次に見極め重視でこの形になった。
しかし、これだと線に合わせにくく水平に保つのが難しい・・・

野球 正方形のホームベース 第二段階

そして、切ればいいんじゃない?と現在の形に。

野球 正方形のホームベース 現在の形

・・・と、という歴史があったということだけ知っておきましょう(汗

日本へは1906年に野球が伝わったので、最初から現在の形です。
ただ、素材はいろいろあったようです。

野球の小ネタ

メジャーリーグ

メジャーリーグは決着がつくまで延長する。

日本は12回までですが、アメリカのメジャーリーグはずっとやります。
1984年5月8日のホワイトソックス – ブルワーズ戦は、なんと延長25回。
8時6分にも渡る試合がありました。

なお、深夜2時頃まで及んだ場合は一度中止し、後日延長戦を再開します。
こんな感じでところんやるのがメジャーリーグ。

ただ、オールスターゲームで一度だけ引き分けがありました。
投手を使い切ったため。

なぜ引き分けを嫌うのか?

本来の野球のルール「21点を先に取ったチームの勝ち」が影響していると思われる。

絶対に引き分けがないルールだったのが野球。
「いつ終わるかわからない」ということでイニング制になったので、
そもそも引き分けという概念がなかった。

あとは国民性というのもあると思います。
とにかく、最後まで見て予定通りに帰れると思ってはいけない。

野球は監督もユニホームを着ています。
なぜかわかりますか?

野球の監督が選手と同じユニフォームを着ている理由

--

以上、野球のホームベースは昔は正方形だったでした。

カテゴリ:スポーツの雑学 TOP:雑学unun なぜ?馬という文字が逆に書かれている将棋の駒の理由とは 栄養ドリンクが茶色い瓶に入っている理由とは ろくでなしの意味と語源とは するめのことを「あたりめ」と呼ぶ理由 工事現場の交通誘導員に従って事故が起きたら誰の責任?過失は? 海はなぜ青い?その理由 葬式に黒い服(礼服・喪服)を着だしたのは戦後から ボウリングのピンは元々10本ではなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*