野球の「タコ」「タテ」ってどういう意味?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
野球

野球で「3タコ」や「3タテ」という言葉を聞いたことないでしょうか?
では、この「タコ」「タテ」とは、どういう意味を持っているのでしょうか?

「タコ」とは?

タコ

ノーヒットの事を「タコ」と呼ぶ。

3打数ノーヒットだった場合「3タコ」言う言葉を使うことがあります。
では、なぜタコと呼ばれているのでしょうか?

なぜタコと呼ばれている?

スキンヘッド

海に住む「タコ」とハゲ頭の「タコ坊主」が関係している。

このような意味になったのは一説には、海に住むタコと関係があるとされており、
かつてハゲ頭の人は、タコに例えられて「タコ入道」や「タコ坊主」と呼ばれていました。
それを略して何もないことを「ボウズ」と呼ぶようになります。

これが野球界では「タコ坊主」の「坊主」の方を略して「タコ」というようになり
ノーヒットのことをタコと呼ぶようになったのです。

「タテ」とは?

野球

立て続けに勝つ、負けるの意味。

野球の「タテ」とは、立て続けに勝つ、または負けるという意味で
「4タテを喰らわす」と書くと、4連勝。「4タテを喰らう」と書くと「4連敗」という事になります。


ちなみに、スポーツにおける「ボーンヘッド」の意味は知っていますか?
・スポーツの「ボーンヘッド」の意味とは?

--

以上、野球の「タコ」「タテ」ってどういう意味?でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*