郵便切手を発明したのは誰? – 「近代郵便制度の父」と呼ばれたローランド・ヒル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/12/1 2021/12/17 語源・由来

切手

近年ではPCや携帯、スマホなどを使ったe-mail(イー・メール)での情報交換が一般的となり、使用頻度がめっきり減ってしまったハガキや封書でのやり取り。

ハガキや封書を送るためには、郵便切手が欠かせませんが、この切手は、一体いつ頃、誰が発明したものなのでしょうか?

郵便切手を発明したのは誰?

切手は、1840年に、イギリスで初めて発行されました。
切手を発明したのは、「近代郵便制度の父」と呼ばれたイギリス人のローランド・ヒル(Rowland_Hill、1795年~1879年)です。

Rowland_Hill

Rowland_Hill

写真は、こちらからお借りしました。

当時、郵便物の配達法としては、切手を使わない前払いの方法もありました。

が、切手のほうが優れていたために、またたく間に全世界に広がっていき、今日に至っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*