貯金箱といえばブタの形!その発祥は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貯金箱を絵で書いてくださいというと、多くの人はブタの形をした貯金箱を描くことだろう。一体いつからこのイメージが定着してしまったのか。

今回の雑学では、ブタの貯金箱ルーツについてご紹介します。

勘違いから生まれた

ブタの貯金箱の発祥は意外にもヨーロッパでのことです。

昔のヨーロッパでは、食器やツボなどを作る際に、ピッグ(Pygg)という粘土で作っていました。この粘土で作られたお金を保管しておくための入れ物を「ピッグの貯金箱」と呼んでいました。

そして問題のブタの貯金箱が誕生したのは19世紀のイギリスでのこと。「ピッグ(Pygg)の貯金箱を作って欲しい」といわれた陶芸職人が、「ブタ(Pig)」と勘違いしたことから生まれたのでした。

これが意外にも定番となり、現代に受け継がれ続けているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*