船の窓についている丸い枠の正体とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像引用元:wikipedia「旋回窓」

丸い枠の正体

旋回窓


画像引用元:wikipedia「旋回窓」

「旋回窓」と呼ばれるもの。

あの丸い枠の名前は「旋回窓」と言い、乗員の視界を確保するためのものです。
要するに、車についている「ワイパー」のような役割ですね。

旋回窓は高回転で回すことで、海水や雨水、雪を振り飛ばします。

なぜワイパーを使わないのか?

ワイパー

ワイパーだと効果が薄い。

車でも大雨の場合、ワイパーでは全然対処できずに前が見えないという経験はないでしょうか。
特に船の場合、シケた海や大雨などで大量の水が窓に降り注ぐため見えません。
また、ワイパーだと往復で動くので、海水だと拭き残し部分が乾燥して蓄積して見えにくくなります。

なので、高速で回転している旋回窓の方が、ワイパーよりも視界が確保できるため付けているのです。

船以外にも

旋回窓


画像引用元:wikipedia「旋回窓」

除雪用の車両にもついている。

一般的には船で見ることが多いかもしれませんが、それ以外にも
除雪車や雪かきをする電車などにも付けられている事もあります。


電車と言えば、線路に石を敷いている理由は知っていますか?
・線路に石を敷いている理由とは

--

以上、船の窓についている丸い枠の正体とはでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*