航空機が街に墜落する場合にとられる最終手段とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安全管理を徹底している航空機ですが、何らかのトラブルで墜落する事故は今でもなくなることはありません。
では、もし航空機が街に墜落するとなった場合にとられる最終手段が何か知っていますか?

墜落一般的な対処法といえば

航空機

海や山などに向けて飛行すること。

墜落で不時着を余儀なくされたときに、パイロットは可燃物となる燃料を可能な限り捨てて
海や山などに向けて飛行するように訓練されています。

これは、墜落した際に人命被害をなるべく少なくするための対処法です。
また、川などにも不時着することもあり、「ハドソン川の奇跡」が有名ですね。

では、どんな手段を取っても海や山に向かうことが出来ない場合、どうなるのか?

街に墜落する可能性が高くなった場合

戦闘機

航空機を撃墜する命令が出ることもある

もし、街などに不時着せざるを得ない場合、
各国の空軍が、戦闘機に航空機の撃墜命令を下すこともあるようです。

航空機が市街地に墜落して、多大な被害が出るよりも、
航空機のパイロットと乗客だけに被害を絞った方が、
被害を最小限なことからこのような選択もあり得ます。

もう少しで戦闘機に航空機を撃墜させる可能性のあった墜落事故もありました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*