自動車教習所の路上教習での事故は誰の責任になる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
道路

教習所の路上教習で
もし、事故を起こした場合責任は誰になるのでしょうか?

生徒?指導官?

事故

責任を負うのは指導教官を雇用している教習所。

自動教習上での事故の責任は、指導員を雇用している教習所が責任を負うようになっています。
教習所の車の助手席にはブレーキがついていて、いざとなればブレーキが踏めるようになっています。

なので、運転に不慣れな生徒が危険な行為をしないように指導して
事故が起きそうなときは、事前に回避するという義務が教官にはあるのです。

万が一に備えて

保険 書類

事故に備えて保険に入っている。

万が一にも、車が事故にあった時に備えて教習所はきちんと保険に入っています。
また、一般的な仮免許での人身事故の場合は、運転手は「仮免許停止」、指導員は「書類送検」となる可能性が高く、
車同士の場合は、一般ドライバー側に車の保護義務があることから、仮免許の運転者は通常よりも過失割合は低いようです。


書類送検と言えば、書類送検の書類とはどんな書類なのか知っていますか?
・書類送検の書類とは何の書類なのか?

--

以上、自動車教習所の路上教習での事故は誰の責任になる?でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*