短刀 銘吉光(名物平野藤四郎)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「短刀 銘吉光(名物平野藤四郎)」は吉光の作の中でも特に優れていると言われることが多い名刀であり、加賀前田家が明治大帝に献上したことでも知られています。

また『享保名物牒』の開巻第一番に掲載されています。『享保名物牒』は、徳川8代将軍である徳川吉宗の命によって編纂された名刀を集めたリストであり、編纂当時には既に失われていたものも含め多数の刀剣を収録しています。

長さはおよそ29.8cm(九寸九分五厘)で、わずかに刃の側に反る形状(内反)となっています。平造、三ツ棟、元幅はおよそ2.8cm(九分三厘)と広めです。先は少し内反になっていて、元重ねは二分五厘とやや厚めです。

棟寄りに刀樋を彫り、区下に掻き流していて、添樋の痕跡がみられます。茎は刃区をよく残しており、栗尻で、浅い勝手下がりの目が存在し、見事な仕立てとなっています。鍛は小板目肌がよくつまっていて、地沸は細やかに厚くついており、地色は明るく爽やかです。刃文は中直刃。やや乱れごごろ少し交じり、足入り、腰部に小互の目が連れています。帽子はわずかに湾れごころを見せて小丸に返り、品格を備えています。刃は全て小沸を主調として明るいと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*