相撲の土俵が丸い理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土俵

画像引用元:wikipedia「土俵」

土俵とは、土を盛って作る相撲の競技場のことだが、
この土俵はなぜ丸いのでしょうか?

なぜ土俵が丸い?

土俵


画像引用元:wikipedia「土俵」

見物人が輪を作り土俵を作っていたことが起源。

土俵の起源は諸説ありますが、一説には古来の相撲には土俵と言うものがなくて、
鎌倉時代に力士が輪を作り、これを「人方屋(ひとかたや)」と呼んでいたものが起源のようです。

人片屋の場合は、囲んでいる人の中へ押し込んだ人が勝ちとなっていました。

丸い土俵しかないの?

四角い土俵


画像引用元:http://saint-just.seesaa.net

地方では四角い土俵が今もある。

丸い土俵しかないのかと言うとそうでもなく、地方には四角い土俵が存在します。
この四角い土俵のことを「角土俵」と言います。

土俵の土

土

粘土質の土地が使われている。

土俵を作る際に使われる土は、若干ながら粘土質のある土が使われています。
これにより、土を盛ったときに型崩れしにくくなり、振動にも強い土俵が出来上がります。


ちなみに、土俵には力士以外にも行司が居ますが、行司が腰に短刀を指して持っている理由は知っていますか?
・相撲の行司が短刀を持っているすごい理由とは?

--

以上、相撲の土俵が丸い理由とはでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*