燃えたお札(紙幣)は新品に交換してもらえるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

燃えたお札は引き換えてくれる?

お金

紙やインクの質から特定できるので引き換えてくれる。

お札は、たとえ燃えたとしてもある程度までは
紙やインクの質から「これはお札」と特定ができるため引き換えてくれます。

しかし、灰が粉々になってしまった場合は、お札と特定するのが難しくなるため
原型を崩さず灰など細かい部分も持ち込めば引き換えてくれる可能性があります。

シュレッダーなどで刻まれても引き換えてくれるのか?

シュレッダー

シュレッダーで刻まれても引き換え可能。

シュレッダーなどで細かくされてしまったお札は、できる限り貼り合わせて
記番号、模様、色合いの確認を行うことで引き換えが可能となります。

しかし、細かく刻まれたお札のままだと、引き換えてもらえない場合もあり
間違えて貼り合わせた場合も、引き換えてもらえないので注意しましょう。

銀行ならどこでも引き換えてくれる?

日本銀行本店

日本銀行本店と支店で鑑定されて引き換えてくれる。

お札はシュレッダーで刻まれたり、燃えたりした場合は鑑定が必要なので
鑑定してくれる日本銀行の本店や支店でなくては引き換えてくれません。
この場合は普通の銀行では拒否される可能性が高いので、日本銀行に依頼しましょう。

鑑定してくれる日本銀行の詳細はこちら⇒本店・支店・国内事務所一覧


紙幣と言えば、プラスチックの紙幣が世の中に存在しているのは知っていますか?
・プラスチックの紙幣が存在する

--

以上、燃えたお札(紙幣)は新品に交換してもらえるのか?でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*