汗をかいてもスポーツウェアがサラサラの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポーツウェア

普通のシャツで汗をかくと、濡れたままベタベタしていることが多いが
一方、スポーツウェアは汗をかいたとしても、サラサラとしているものが多い。

なぜ、汗をかいてもスポーツウェアはサラサラしているのでしょうか?

なぜサラサラなの?

スポーツウェア

毛細管現象を利用しているから。

汗をかいても、スポーツウェアがサラサラしているのは
「毛細管現象」を利用した素材を使っているからなのです。

毛細管現象とは?

毛細管現象


画像引用元:wikipedia「毛細管現象」

細い毛細管から太い毛細管に水分が移動する現象。

液体の付着力と表面張力で
管内の液体面が、管外の液面より上昇あるいは下降する現象です。

簡単に言うと、飲み物に入っているストローの中が
少しだけ高くなっているのを見たことないでしょうか?

または、植木鉢に入っている近くに水の入ったペットボトルを置いて
タオルや紐、チューブなどで繋いで水やりをしている人もいます。
これらは、毛細管現象によるものです。

スポーツウェアの繊維

ストロー

ストローのような管状になっている。

スポーツウェアに使われている繊維は、ストローのように小さな穴が無数に空いています。
汗がその繊維に触れると、毛細管現象によって小さな穴に吸い込まれていき、中心の管に集まります。
そして、皮膚面とは反対側にある繊維の切れ目から、空気中に汗が発汗されるので
汗をかいてもサラサラ感を保つことが出来るのです。


ちなみに、サッカー選手が着ているのユニフォームの生地は光沢のあるですが、その理由は知っていますか?
・なぜサッカーのユニホームの生地は光沢があるのか?その理由とは?

--

以上、汗をかいてもスポーツウェアがサラサラの理由でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*