書く必要がない!?紙幣に製造年が書いていない理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紙幣に製造年を書かない理由とは?

紙幣

紙幣は耐用年数が低いので書く意味がない。

紙幣は「紙」で出来ているため非常に寿命が短く、耐用年数は1万円で3~5年、千円や5千円は1~2年ほどで
寿命を迎えた紙幣は順次新しいものに交換されるため、1枚ずつに製造年を書いても意味がないから書かないのです。

硬貨に製造年を書く理由とは?

硬貨

品位を明確にするための名残り。

硬貨は昔から金や銀から作られていたため、簡単には損傷しないことから半永久的に使用出来ました。
そこで、その品位を明確にするために製造年を入れて、その名残が現在でもそのまま残っているのです。


ちなみに、もしお札が燃えてしまった場合、交換できる基準があるのは知っていますか?
・破れたお札も燃えたお札も交換できるが基準がある

--

以上、書く必要がない!?紙幣に製造年が書いていない理由とはでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*