昔は電車から飛び降りる仕事の乗務員がいた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昔の電車

電車から飛び降りる乗務員

そんなバカな!?と思ってしまいますが、
本当にそんな乗務員がいました。

なぜなのか?

日本発の電車

日本初の電車

日本で初めて開業した電車は京都(1895年:明治28年)
街中を走る(路面電車)ため、危ないところは乗務員が電車から降りて、
電車の前を走り注意を促していました。
その乗務員は「前走り」と呼ばれていました。

蒸気機関車はあったものの、電車は結構な街中を静かに走るもの。
まだ慣れてなく整備も不十分なので、事故防止策をする必要があったのです。

当時、速度は約時速10km。
人間が走るよりもはるかに遅いスピードです。
だからこそ、飛び降りるという芸当ができました。

なお、乗務員ではありましたが、子供の役割だったようです。
体力がいるので子供に任せていたのでしょう。
ほぼアルバイトだと思います。

この仕事はいつ無くなった?

前走り

約10年後に無くなりました。

前走りが電車に轢かれることもあったようで、
これではいけないといろいろと対策をされて、
最終的には電車の前に「救助網」を設け、前走りを無くしました。

電車の前を人が走っていた。
なんとも昔らしい話しです。

ちなみに現在の路面電車は?

路面電車

最高速度は例外を除いて40キロ。

ただ、ここまで速度を出せるところは少なく、
やはり渋滞する道路だと10キロ程度の速度になります。
車と違い、すぐに止まれないので、40キロでもかなり危険。

そして、現代は路面電車は道路を走るので、歩く人間に気を付けるのは交差点くらい。
信号さえ守れば轢かれる心配もほぼ無いので、救助網はありません。

路面電車はレールも簡易なものです。
線路を走る電車は石を敷いた専用のもの。
なぜ石を敷く?はこちら→線路に石を敷いている理由とは

--

以上、「昔は電車から飛び降りる仕事の乗務員がいた」でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*