日本の夢の国「舞浜」の地名の由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ディズニーリゾートがあることで知られる千葉県浦安市舞浜。この舞浜が出来るまでの背景にはやはりディズニーランドが大きく関係していました。

ディズニーランドの誕生

ディズニーランドは1955年に、アメリカのカリフォルニア州にて開園しました。その後、現在のディズニーランドの完成形ともいえるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートが1971年にアメリカのフロリダ州にて開園を迎えます。
残念なことに1966年にウォルトが逝去したため、本人はテーマパークの完成を見れることはありませんでした。

東京ディズニーリゾートの敷地面積は2km²、それに比べワールド・リゾートはなんと122km²という広大な土地を有しています。6つのパークだけでなく、ゴルフコースやスポーツ施設なども完備し、宿泊施設は20箇所以上も存在しています。

東京ディズニーランドの建設

さて、東京ディズニーランド建設の沿革に話を戻しましょう。
千葉県浦安沖を埋め立て、事業に関する協定を千葉県と締結したのが1962年、そこから19年後の1983年に東京ディズニーランドは開園を迎えます。埋め立てた土地に新たな地名を付ける必要がありますが、ここまで読んで頂いた方はピンと来たかもしれません。

舞浜は東京ディズニーランドの基であるディズニーワールドがあるフロリダ州の都市、「マイアミビーチ」をもじって名付けられたのです。

マイアミビーチ > 舞アミ浜 > 舞浜という事です。

ちなみに舞浜の番地には2丁目と3丁目しか存在しません。東京ディズニーリゾートの本拠地は舞浜1-1ですが、これは1番地1を略したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*