何故犬は「ポチ」で、猫は「タマ」なのか? – それぞれの語源

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/12/15 2021/11/13 語源・由来

犬の名前 ポチ

犬の名前の定番といえば「ポチ」、猫といえば「タマ」ですが、これは何故なのでしょうか?

何故犬は「ポチ」で、猫は「タマ」なのか?

「ポチ」の語源には、諸説あります。

英語で「斑点のある、まだらの」を意味する「spotty(スポッティー)」からきたとするもの、フランス語で「小さい、可愛い」を意味する「petit(プチ)」からきたとするもの、また、英語の俗語で「犬」を意味する「pooch(プーチ)」からきたとするものが有名です。

猫の名前 タマ

一方、猫の名前の定番「タマ」の語源の方も、実にさまざまです。

玉にじゃれるからとするもの、宝玉(ほうぎょく)のように珍重(ちんちょう)されてきたからとするもの、また、豪徳寺(ごうとくじ)というお寺の和尚(おしょう)が飼っていた猫の名前が「タマ」で、この猫は招き猫のモデルとして知られる有名な猫で、これが全国に知られるようになったためとするものなどがあります。

この話の詳細は、以下の記事の「豪徳寺の招き猫」の項をお読みください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*