ラコステのワニのマークの由来は? – 故郷で呼ばれていた懐かしい自分自身の愛称

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/15 2021/12/17 語源・由来

ポロシャツといえば、ワニのマークの『ラコステ』が有名です。
あのデザインの生みの親は、ラコステの創業者であるルネ・ラコステ(Rene Lacoste)自身です。

ラコステのロゴマーク

ラコステのロゴマーク

写真は、こちらからお借りしました。

彼は、ウインブルドン選手権を2回も制覇(せいは)した伝説的な名テニスプレーヤー。引退後は実業家に転身し、あのワニのマークをトレードマークとしました。
そして、そのデザインは、現役時代の初期に作られたものでした。

それでは、そもそもそのワニは、一体どこから出てきたものなのでしょうか?

ラコステのワニは、故郷で呼ばれていた懐かしい自分自身の愛称だった

ラコステは、スペインの片田舎バスク地方の出身です。
この地方には、手にくくりつけられたラケットでボールを打ち合う、テニスのルーツ「ペロタ(pelota)」という名のスポーツが古くから伝わっていました。

1927年、初めてウインブルドンのコートに立ったラコステは、まだ世界では無名の新人。
が、彼はテニス発祥の地である故郷の人々の誇りと期待を一身に背負って燃えていました。
そのプレッシャーをはねのけるために、故郷で呼ばれていた懐かしい自分の愛称「ワニ」を自分のウェアに刺繍(ししゅう)し、それをお守りのようにして晴れの舞台に臨(のぞ)んだのでした。

そして彼は、その後もこの刺繍に愛着を持ちつづけ、引退後、会社のマークとしてそのまま採用したというわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*