プロ野球のボールボーイのアルバイトの給料はいくらなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボールパーソン

ボールパーソンとは、試合に用いられるボールなどの管理を行う補助的な人員のことで
プロ野球では「ボールボーイ」、「ボールガール」と聞くことの方が、多いと思います。
では、この人たちはいくら貰っているのでしょうか?

画像引用元:wikipedia「ボールパーソン」

いくら貰っている?

お金

1日6500円ほど。

プロ野球におけるボールパーソンは、専属の社員ではなくアルバイトで1年契約で採用されるとのこと。
球団によって金額は違いますが、そのアルバイトの料金が、時給で800~1000円程度で勤務時間が8時間程度となっています。

すると、一日に最低でも6500円ほど貰っているという事になります。

最大の利点はやはり

野球

プロ野球選手のプレーを間近で観られること。

ボールパーソンは、試合前のボール集めや試合に使った風船を拾ったりなどありますが、
この仕事の役得なのは、プロ野球選手のプレーを観客より間近で観られるという事です。
野球好きにはたまらないアルバイトなので、採用の倍率は高いようです。

一般的には「ボール(ボーイorガール)」と呼ばれているが

差別や偏見をなくすため、ボールパーソンという呼称が使われる。

昔は、主に男性がこの業務を行っていたことから「ボールボーイ」と呼ばれていました。
しかし、女性も増えてくると女性の場合は「ボールガール」と呼称が用いられるようになりました。

そして、同じ試合で男女が混同で業務を行うケースが出てくると、差別や偏見のない公平な意味で
「ボールパーソン」という呼称が使われるようにもなっています。


ちなみに、野球の監督が選手と同じユニフォームを着ている理由は知っていますか?
・野球の監督が選手と同じユニフォームを着ている理由

--

以上、プロ野球のボールボーイのアルバイトの給料はいくらなのか?でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*