プラスチックの紙幣が存在する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子「外国のプラスチックのお札も紙幣って言うけど?」

漢字の意味は「そのような」という意味もあるのが難しいところ。
外国ではプラスチックのお札が存在し、
日本語では「ポリマー紙幣」と呼ばれています。

有名なのはオーストラリア

オーストラリアのポリマー紙幣

最初にポリマー紙幣を作ったのはオーストラリアです。

現在は全ての紙幣がポリマー紙幣になっており、
他国も見習って展開し、現在は10以上の国が導入しています。

詳細はwikipedia「ポリマー紙幣」をどうぞ。

なぜプラスチックにした?

耐久性が高く、偽造が難しいというメリットがあります。

生産するコストは高いものの、耐久性が高いため寿命は長い。
そして、加工が難しいので偽造対策にも良いというものです。

最近ではイギリスでも導入検討をされています。
何かと設備投資が必要となりそう簡単にはいきませんが、
遠い未来はポリマー紙幣が主流になる日がくるかもしれません。

導入の決め手は偽造対策にあるようです。
悪い人がいるからこんな苦労を・・・
と世の中の悪い人対策は何かと難しい、

デメリットは?

引っ付いて扱いにくい、収納性が悪い、熱により変形する、などなど。

プラスチック製のトランプと同じような感じです。
少しでも汚れが付着したら引っ付いて取れない。
密着しやすいのが難点。

業者泣かせかもしれません。

紙のお金は破れやすいですが、
ちゃんと交換してくれるので大丈夫。
どこで交換してくれるか知っていますか?

こちらを
破れたお札も燃えたお札も交換できるが基準がある

--

以上、プラスチックの紙幣が存在するでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*