ピッチングマシンっていくらする?その値段とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピッチングマシン

バッティングセンターに行くと見ることが出来るピッチングマシン。
最近では投手が投げているようにしたバーチャル型もあります。
そのなピッチングマシンは、いくらするのか知っていますか?

画像引用元:wikipedia「ピッチングマシン」

ピッチングマシンの値段は?

バッティングセンター


画像引用元:wikipedia「バッティングセンター」

約60~100万円。

ピッチングマシンはいくらぐらいするのかというと、
バッティングセンターにあるような自動式のもので60~100万円ほど。

なぜこんなにも値段に差があるのか?
それは、球種やスピード、コントロールなどの「性能」によって値段が違ってくるからなのです。

シンプルなピッチングマシンの値段

ピッチングマシン

50万円以下。

練習用で中学・高校で使われるようなタイプのピッチングマシンもあります。
このようなものだと、50万円以下で購入することが可能です。

中古となるとさらに値段は安くなると思いますが、
古すぎるものだとコントロールが安定しないなどの欠点もあります。

ちなみに

ピッチングマシン


画像引用元:wikipedia「ピッチングマシン」

昔は火薬式のピッチングマシンがあった。

1897年には、数学者のチャールズ・ハワード・ヒントンが
大学の野球部のために「火薬式のピッチングマシン」を開発しています。
鉄砲のような形をしています。

ちなみに、火薬の量を調整することで球速を調整することが可能で、
発射口にゴムで覆った鉄製の突起を取り付けることで「カーブ」も投げれた模様。

しかし、このピッチングマシンは数件の事故を起こしてしまったため、
開発者のチャールズ・ハワード・ヒントンは免停になってしまったそうです。


ボールといえば、ソフトボールが大きい理由は知っていますか?
・ソフトボールのボールはなぜ大きい?理由が意外!

--

以上、ピッチングマシンっていくらする?その値段とはでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*