ビーチバレー雑学!バレーボールの違いとは?なぜビキニが減った?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビーチバレー

「ビーチバレーって具体的に何が違うの?」

オリンピックでは1996年のアトランタオリンピックが始まりと、比較的新しい。
知名度は高いですが、ルールは今一つ知られていないと思います。

室内のバレーボールと何が違うのか?
雑学としていろいろご紹介。

※引用元の記載がない画像は日本ビーチバレーボール連盟より引用

人数の違い

ビーチバレーの人数

バレーボール:6人
ビーチバレー:2人

ビーチバレーは1920年にアメリカでビーチレジャーとして生まれました。
その当時は6人でやるものでしたが、次第に2人でもやるようになったようです。

当初はただのレジャーや綺麗な女性によるショー的な存在でしたが、
次第にスポーツとして世界中に広まっていきました。

ポジションの違い

ビーチバレーポジション

バレーボール:ローテーション制
ビーチバレー:自由

ビーチバレーはどこにいてもOKです。
二人で動き回りながら状況に応じて動きます。

コートの違い

ビーチバレーボール コート

バレーボール:18m×9m
ビーチバレー:16m×8m

ビーチバレーは一回り小さなコートになっています。
ネットの高さは共通です。

地面は砂浜だと何でも良いわけではなく、
石や貝殻が混じっていない綺麗な砂浜が求められます。

ボールへの接触回数

ビーチバレー レシーブ

どちらも3回までです。

ここは変わりない。
一人が2連続で触るのはもちろんダメ。

ボールの違い

ビーチバレーのボール

・大きさ
バレーボール:65-67センチ (25.5-26.5インチ)
ビーチバレー:66-68センチ (26-27インチ)

・空気圧
バレーボール:0.3-0.325kgf/cm²
ビーチバレー:0.175-0.225kgf/cm²

ビーチバレーのボールはわずかに大きく、空気圧が低くやわらかい。
3割~4割ほどやわらかいため、スピードが抑えられます。
ボールも片手で拾いやすい。

ユニフォームの違い

ビーチバレー ユニホーム
ビーチバレー ヒジャブ着用の女性


※引用元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-37032098

ビーチバレー 長袖 パンツ着用の女性


※引用元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-37032098

バレーボール:ジャージ、パンツ、ソックス
ビーチバレー:男性はタンクトップにショートパンツ。女性はほぼ自由で、ビキニも可。

2011年以前は女性はビキニが指定されていましたが、
2012年からは長袖、ボディスーツ、ショーツなどの着用も許可されました。
「ビキニはただの男を喜ばせるだけで意味がない」とクレームがあった模様。

元が砂浜で行なうレジャーだったので、
水着のような「明るい色の服」と「肌の露出を高める服装」が特徴だったのですが、
ここ最近はそうでもなく、いろいろと変わっています。
まぁ、写真を見るも胸の谷間かお尻ばかりですし・・・、女性は良い気持ちがしないでしょう。

ただ、ビキニは歴史でもあるので、ビキニを着用する選手の方が多いです。
スポーツはやはり、伝統や雰囲気も大事。
テニスのスカートも問題視されていますが、これも元々はスカートでやっていたので歴史です。

服装に関してはハッキリとは決まっておらず、
国や大会ごとに指定され、年々変わると考えておこう。

どんどんセクシーなスポーツから脱却する可能性は高いだろう。

--

以上、「ビーチバレー雑学!バレーボールの違いとは?なぜビキニが減った?」でした。

ちなみに、「ビーチボール」を使う「ビーチボールバレー」という競技もあります。
間違えないよう注意しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*