パトカーも制限速度を違反すれば捕まる!?緊急走行時の上限とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パトカー

パトカーは違反している車を見つけた場合、緊急走行として
制限速度を無視して走行して良いことになっていますが、その上限はどのくらいなのか知っていますか?

緊急走行時の制限速度

パトカー 警察

パトカーの制限速度は、以下のようになっています。

・高速道路以外を通行する場合の最高速度は、80km。
・高速道路を通行する場合の最高速度は、100km。

なので、これ以上の速さで走行した場合、パトカーも切符を切られることがあります。
たまに、パトカーが速度違反したというニュースが流れるのは、この速度を超えてしまったからなのです。

例外

パトカー

正当な理由があれば、違反は免除。

例えば、犯人を追跡するといった状況で、
止むを得ず速度をオーバーすることになった場合には、正当な理由として違反が免除されるようです。
また、交通違反した車なども、その車を追跡しなくてはいけないので緩和されます。

ですが、追跡中の車が速すぎる場合は、他の車との事故になる可能性があるため、
ナンバーを控えて追跡を中止、後日住所を調べて、違反した人の元へ行きます。

覆面パトカーはサイレン鳴らしてないけど?

覆面パトカー


画像引用元:wikipedia「パトロールカー」

交通取り締まりの車両は、サイレン不要。

速度超過している車の速度を測定するとき、速度を上げると思いますが、
このとき、速度測定中は前面(バンパー)にある前面赤色警光灯のみ光らせて、違反車両を追尾して10秒ほど測定、
速度計測後にルーフの方の赤色回転灯を回して、サイレンを鳴らします。

なので、前面赤色警光灯を点滅・点灯させていれば、
ルーフの赤色回転灯やサイレンを鳴らさなくても、速度計測が認められているようです。


ちなみに、警察のバイクは白い色をしていますが、昔は赤だった事は知っていますか?
・警察の白バイは昔は赤バイだった

--

以上、パトカーも制限速度を違反すれば捕まる!?緊急走行時の上限とはでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*