バス・電車のラッピング広告はいくらかかる?その値段とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の交通機関でも、かなりの利用者を誇るバスや電車。
たくさんの人に目につくという事で「ラッピング広告」を見ることが多いと思います。

では、そのラッピング広告はいくらかかるのでしょうか?

画像引用元:wikipedia「ラッピング車両」

バスのラッピング広告費

バス


画像引用元:wikipedia「ラッピング車両」

1年間で150~250万円ほど。(バス全体の場合

費用は会社や路線によって異なりますが、
バス全体で年間150~250万円ほどとなっています。

また、都心や繁華街といった人目につきやすい場所の場合、
その費用は「400万円以上」かかる場合もあるようです。

また、バス全体ではなく「半分」だと「約50~70万円」
後方だけだと「約40万円」ぐらいの費用になるようです。

電車のラッピング広告費

電車


画像引用元:wikipedia「ラッピング車両」

4編成かつ2週間で約2000万円ほど。(JR山手線の場合)

通勤・通学で利用がものすごく多いJRの山手線の場合、
4編成かつ2週間だけで2000万円もかかるようです。
なお、1か月だと少し割安の2800万円が必要になります。

このように通勤・通学で利用者が多いため、広告費も高くなることはもちろん
ホームで待っている人や他の電車から、駅の外からでも見られることから
このようなラッピング広告は高額になるのです。


広告といえば、ブログにも広告を掲載しているものもありますが、どういうシステムなのか知っていますか?
・ブログで稼ぐ「アフィリエイト」を子供に説明する内容

--

以上、バス・電車のラッピング広告はいくらかかる?その値段とはでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*