ナスってどんな野菜?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
〇基本データ
〇様々な種類

 日本だけでも、産地による違いで細かく分けると170~180種類程度の品種があり、スーパーでも様々な種類のナスが販売されていますが、世界を見渡すと1000種類もあるといわれています。ここですべてを紹介するのは不可能なので、形状による分類を中心に、一部をご紹介。

丸ナス・・・信越地方、関西地方
小丸ナス・・・東北地方など(長さ3m~8cm、重さ10~20gの丸形なす。山形の民田ナスなどが代表)
卵形ナス・・・関東地方(かつてはメジャーでしたが、現在は市場に出回っていません)
長ナス・・・関西地方、東北地方(13~25cm程度の長さですが、市場に出回るのは17cm前後)
中長ナス・・・全国で栽培(長卵形ナス、千両なすとも。卵形ナスと中長ナスの交雑品種で、一般的に出回る「ナス」)
大長ナス・・・九州地方(30~40cmほどの長さがあり、皮が若干硬いのが特徴)
米ナス・・・アメリカ品種、ブラックビューティーを日本で改良したもので、ヘタが緑色なのが特徴(下写真)
赤ナス・・・熊本の在来種(長ナス系の早生種で、果実が赤みを帯びており、果肉が柔らかいのが特徴)
白ナス・・・東南アジア系の品種
青ナス・・・埼玉や鹿児島など(別名は緑ナスで、果実が淡い緑色。皮は固めですが、果肉は火を通すと柔らかくなります)
水ナス・・・関西地方(泉州地方)など(水分が多く皮と果肉が柔らかく、漬け物に適しています)

棒

→雑学万歳トップページへ戻る
→裏辺研究所トップページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*