テニスの得点の0が「ラブ」と呼ばれる由来とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テニスコート

野球でもサッカーでも0点は「ぜろ」などと呼びますが
では、テニスはなぜ0点は「ラブ」なのでしょうか?

ラブと呼ばれるようになった由来とは?

卵

0が卵の形に似ているため。

この由来には諸説ありますが、一説にはフランスで0が卵の形に似ているため
フランス語で卵のを意味する「ラフ」と呼ばれていました。
これを英語の「ラブ」に転じたことから、0が「ラブ」となったと言われています。

テニスのカウントが15、30、40の理由とは

時計

時計の60分を4分割している。

こちらも諸説ありますが1説には昔の人は時計を使って得点を表していたとされており
ハーフ(1/2)やクォーター(1/4)という分け方から1時間=60分として
これを4分割することで「0⇒15⇒30⇒45⇒60」で4ポイント取ると1ゲームとなっていました。

15刻みなのになぜ40なの?

テニス

喋りにくかったから変更した。

テニスの得点は、60分を4分割の説だと、45ですが、実際は40になっています。
これは、イギリス人にとって英語の「forty-five」が言いにくいので「forty」になったとされています。


時計と言えば、カタログに移っている時計はV字のものが多いのはなぜなのか知っていますか?
・カタログの時計がV字が多い理由

--

以上、テニスの得点の0が「ラブ」と呼ばれる由来とは?でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*