ソフトボールのボールはなぜ大きい?理由が意外!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトボール

ソフトボールは、野球と比べてボールが大きいです。
では、ソフトボールが野球より大きなボールを使っている理由とは何なのでしょうか?

ソフトボールがあの大きさの理由

ボクシンググローブ

ソフトボールの大きさはボクシングのグローブの大きさから来ている。

ソフトボールの大きさは約30センチほど。
実はボクシングのグローブの大きさと関係があり、そのソフトボールが誕生したことと関係があります。

ソフトボールの誕生したきっかけとは

ほうき

ボクシンググローブを箒(ほうき)で打ち返したことがきっかけ。

ソフトボールが大きいボールなのは「とある逸話」があります。
1887年のアメリカのハーバード大学とエール大学の間でフットボールの試合が行われていました。

その結果、エール大学が勝利しましたが、喜んだエール大学のOBが
たまたま近くに置いてあったボクシングのグローブを、ハーバード大学のOBに投げつけたところ
箒で打ち返されたことがきっかけで、ハーバード大学のジョージ・ハンコックがグローブの代わりに使う競技を考案してソフトボールが誕生したとされています。

ボールの色

ソフトボール

黄色ボールは国際大会などで使われる公認球。

ソフトボールの色は、白が一般的ですが、
国際大会などで使われるのは、黄色いボールで縫い目の糸は赤になっています。
これは、2002年より使用されるようになりました。


ボールはボールでも、ラグビーボールがあのような形をしている理由が何か知っていますか?
・ラグビーボールはなぜあのような形なのか?その理由とは

--

以上、ソフトボールのボールはなぜ大きい?理由が意外!でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*