ゴルフボールの表面が凸凹(デコボコ)している理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴルフボール

ゴルフボールは、野球やテニスなどのボールと違い表面がデコボコしています。
なぜ、ゴルフボールの表面はデコボコしているのでしょうか?

なぜデコボコをつけるようになった?

ゴルフ

表面に傷がついたボールの方がよく飛んでいたから。

まだ表面にデコボコがない頃、ゴルフボールを使えば使うほどよく飛ぶという不思議な現象に気づき、
「だったら初めからゴルフボールに傷をつけてみよう」ということになり、試行錯誤を繰り返したのち
現在のようなデコボコがついたとされています。

表面のデコボコの名前

ゴルフボール

ゴルフボール表面のデコボコの名前は「ディンプル」。

ゴルフボールの表面のデコボコはディンプル(dimple)と言い、
「小さなくぼみ」や「えくぼ」を意味しています。

ディンプルをつけるまえは、ゴムや樹脂の塊のボールでゴルフをしていました。

ディンプルを有無でどのくらい違うの?

ゴルフ

飛距離の差は約3倍も違う。

ゴルフメーカーの実験では、表面が滑らかなボールとディンプルのあるボールを
お互いに打ってみて測定したところ、飛距離が3倍以上も違っていたようです。

なぜそこまで差が出たのか、それはディンプルによる
「揚力の影響」と「空気抵抗の影響」によって飛距離に違いが出たのです。

詳しい揚力と空気抵抗の影響についてはこちらを見ましょう。⇒ゴルフボールはどうしてデコボコなの?


ボールと言えば、ソフトボールはなぜ大きいのか知っていますか?
・ソフトボールのボールが大きい理由とは

--

以上、ゴルフボールの表面が凸凹(デコボコ)している理由とは?でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*