ゴルフコースの「アウトホール」と「インホール」の由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフはアウト(Out)ホールとイン(In)ホールを合わせて18ホールを回るのが正式なルールです。前半に9つのアウトホール、後半に9つのインホールを周ります。

イメージでは前半がイン、後半がアウトの方がしっくりと来そうですが、理由を知るとなるほど!と納得できました。

前半ホールが「アウト」で後半ホールが「イン」の理由

ゴルフ場はその形状から、スタートの1ホール目とゴールの18ホール目が近い位置にあるように設計されています。1ホールから順番にプレイしてグルッと回りながらラストの18ホールで戻ってくるわけですね。
そしてこの1ホールと18ホールにはクラブハウスと呼ばれる受付所や休憩所などが一体した施設があるのです。

このクラブハウスを基点として、ホールに対して「出かける」を意味する英語の「Going out」、そして「帰ってくる」ことを意味する「
Coming in」が語源となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*