グリコキャラメルの名前の由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ひとつぶ300メートル」というキャッチフレーズが印象的なグリコキャラメル
社名である江崎グリコの由来は、まさにこのキャッチフレーズと密な繋がりがあるものでした。

グリコの由来とは

江崎グリコは1922年、江崎利一が大阪市にて創設。現在はお菓子以外にもレトルト食品や栄養食品を世に送り出す大手食品メーカーとなりました。「おいしさと健康」をキャッチフレーズに、消費者の健康も考えた製品づくりに取り組んでいます。

社を設立するきっかけとなった商品はもちろんグリコキャラメル。キャラメルの中に人体のエネルギー源となるグリコーゲンが含まれているため、健康にも良い栄養菓子として販売が開始されました。このグリコーゲンという言葉から、社名でもあるグリコの名前が誕生したのです。

食べると元気になる栄養菓子。まさしく一粒食べて、300メートル走れるエネルギーを吸収することが出来たのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*