クマのぬいぐるみを「テディベア」と呼ぶ理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的に愛されているクマのぬいぐるみ『テディベア』ですが、テディベアであることの定義は確立されてはいません。クマのぬいぐるみ全般をテディベアと呼べます。では一体なぜテディベアと呼ばれるようになったのでしょうか。

今回の雑学では、テディベアの起源発祥についてご紹介します。

ある人物の美談から生まれた

1902年のアメリカ。時の大統領であったセオドア・ルーズベルトは狩猟のためにミシシッピ州へと旅行に行きます。しかし目的であった熊を仕留めることは出来ずにいました。その時、同行していた側近が怪我をして動けずにいた子熊を見つけます。ルーズベルトのご機嫌を取ろうと、怪我をした子熊を撃つようにとルーズベルトにすすめるも、「そんなものは撃てない。放してやりなさい。」と、ルーズベルトは子熊の命を救いました。

この事が当時の新聞に取り上げられ、一躍この美談は世間に広まっていきました。このニュースを知ったローズ・ミットムは、自分の作ったクマのぬいぐるみにルーズベルトのニックネームであった「テディ」と名付けて販売したところ、これが大ヒット。以後、クマのぬいぐるみの事を『テディベア』と呼ばれるようになったのです。

なぜルーズベルトの愛称がテディなのか

ルーズベルトの名前であるセオドアは英語で書くと「Theodor」となります。テディは「Teddy」となります。単純にスペルを省略してテディとなるわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*