オリンピックの陸上でも公認記録にならない場合がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
陸上選手

「オリンピックなのに公認記録にならない時がある」

嘘だ!と信じられないかもしれませんが、
陸上ではよく起こりうることです。

追い風は速くなり過ぎる

風速

短距離走などは風速2.0m/sを越えた追い風の場合、公認記録になりません。

その場合は「追い風参考記録」となり記録には残りますが、
「世界一!」という公式記録にはならない。
略して「参考記録」と言うことが多い。

2.0m/sを越えないとOKなので、2.0m/sまではOK。
ウサインボルトが世界一の記録(9秒58)を出した時は0.9m/sの追い風。
2位のタイソン・ゲイ(9秒69)の時は2.0m/sでした。

このように、タイムと同時に風速までしっかり記録されています。

対象の種目

ハードル走

次の種目が主な対象です。

・短距離走(100m、200m)
・障害走(110mハードル、100mハードル)
・走幅跳
・三段跳

長距離の場合はコーナーを回るため、
追い風にも向かい風にもなるので影響はあまりありません。

短距離走の解説では風速のことを言いますので、
このあたりの知識があればより楽しめると思います。

--

以上、「オリンピックの陸上でも公認記録にならない場合がある」でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*