オリンピックでテロが起きたことがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リオ・オリンピックはテロが怖い・・・

現在の世界情勢からそう考えてしまうの仕方ない。
実際、過去にオリンピックでテロも起こっています。

一回だけテロが起きた

ミュンヘンオリンピック イスラエルの選手村


※引用元:Wikipedia「ミュンヘンオリンピック事件」

1972年の西ドイツのミュンヘンオリンピックでテロが起きた。

テロを起こしたのはパレスチナの「黒い九月」という武装組織。
オリンピック会場を狙ったのではなく、選手村を襲いました。

襲われたのはイスラエルの選手やコーチ達。
抵抗した選手を殺害し、残りは人質に。
要求は「イスラエルに収監されているパレスチナ人234名の解放」というもの。

オリンピック関連ということもあり、
かなり騒がれた事件です。

結果は

ミュンヘンオリンピックテロ慰霊プレート


※引用元:Wikipedia「ミュンヘンオリンピック事件」

交渉、作戦も失敗して人質全員死亡

犯人は3名が逃亡しましたが、逮捕。
しかし、同じ年に起きた「ルフトハンザ航空615便ハイジャック事件」でその3人の釈放を要求し、
要求を受け入れて釈放となっています。

なお、怒ったイスラエルは「神の怒り作戦」などの報復を開始する。

※このあたり、詳しくはWikipedia「ミュンヘンオリンピック事件」をどうぞ。

オリンピックはどうなった

34時間後に続行された。

中止を求めるデモも起きましたが、IOCの会長が続行を宣言。
無事ではないですが、その後ミュンヘンオリンピックは全日程を終えました。

現在でも十分起こりうる内容のテロです。
危機感を持っておきたい。

戦争絡みの雑学として、こちらも是非。
オリンピックの聖火は途中から考案されたイベント。発祥と由来とは?

--

以上、オリンピックでテロが起きたことがあるでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*